月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京国際大が2年前に続くトップ通過! 5位通過の中大が9年ぶりの伊勢路/全日本大学駅伝関東地区選考会

第53回全日本大学駅伝(11月7日)の関東学連推薦校選考会が6月19日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで開催された。1組各校2人ずつが10000mレースに出走し、4組8人の合計タイムで争われ、東京国際大がトップ通過を果たし、3年連続の伊勢路切符を手にした。

東京国際大は1組終了時で総合16位とスタートダッシュでつまずいたものの、2組で堀畑佳吾(3年)が3着、冨永昌輝(1年)が7着と健闘して通過圏内の7位へ浮上。3組目でも順位をキープすると、最終組では留学生と日本人エースが躍動した。

イェゴン・ヴィンセント(3年)が選考会歴代最速の27分50秒65で1着を占めると、丹所健(3年)が日本人2番手の28分39秒60で8着。3組終了時で1分49秒もの差があった國學院大ほか6校を『ごぼう抜き』し、総合3時間56分39秒39で2年前に続くトップでの伊勢路行きを決めた。

総合2位は東京国際大からわずか8秒差で國學院大。3位の法大、4位の拓大は2年ぶりに全日本復帰を果たし、5位の中大は9年ぶりに伊勢路決戦に返り咲いた。

3組で小島慎也、武川流以名の3年生コンビが 1着、2着と好走した中央学大が6位。エースの藤本珠輝(3年)が最終組で日本人トップ(28分35秒73)に輝いた日体大が最後の7枠目をつかんだ。

1月の箱根駅伝で2位と躍進した創価大は全日本初出場を狙ったが、2組目以降で順位を落とし、総合14位と振るわなかった。

◇全日本大学駅伝関東推薦校選考会 上位成績
1位 東京国際大 3.56.39.39
2位 國學院大 3.56.47.04
3位 法大  3.57.14.64
4位 拓大  3.57.17.26
5位 中大  3.57.17.61
6位 中央学大 3.57.23.16
7位 日体大  3.57.47.90
※以上、全日本出場
8位 駿河台大 +28.44
9位 国士大  +34.97
10位 山梨学大 +16.67



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com