月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

伊勢路懸けた決戦のスタートリスト発表!! 最終組で法大・鎌田、創価大・嶋津らエースたちが激突/全日本大学駅伝関東地区選考会


6月19日に神奈川・相模原ギオンスタジアムで行われる第53回全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会のスタートリストが発表され、出走メンバーが出そろった。

エースが集う最終4組には、日本学生ハーフマラソン覇者の法大・鎌田航生、今年の箱根駅伝2位のチームを牽引した創価大・嶋津雄大、國學院大の藤木宏太、日体大の藤本珠輝、10000mで学生歴代3位の27分30秒24を持つ東京国際大のイェゴン・ヴィンセントら各校の顔となる選手がずらりと名を連ねた。

このほか、トップ通過候補の國學院大が1組に主力の中西大翔、2組に主将・木付琳を入れて、序盤から主導権を握る構え。2012年以来の伊勢路を目指す中大は主軸の森凪也が外れたが、1組から箱根駅伝経験者をバランス良く配した。各校とも後半に比重を置いた印象で、最終組の結果が「7枠」という狭き全日本出場枠の行方を大きく左右しそうだ。

10000mレース4組で行われ、20校が出場。1組2人ずつ、4組8人の合計タイムで争われる。昨年はコロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com