月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子やり投で武本紗栄が日本歴代4位の62m39!東京五輪参加標準まであと1m61cm/日本学生個人


日本学生個人選手権(神奈川・レモンガススタジアム)2日目、女子やり投で武本紗栄(大体大)が62m39を投げて優勝。自身初の60m超えは日本歴代4位、学生歴代2位のビッグスローだった。

武本は1回目に56m43、2回目に57m29と記録を伸ばしてリードすると、5回目に62m39を投げた。今季は好調で57m以上をコンスタントに投げ、4月の織田記念では57m83で2位、6月1日の木南記念では58m98と自己記録を更新。木南記念の後には「調子も良くて60mはいける」と語っていたが、宣言通りの大台突破。東京五輪の参加標準記録64m00まであと1m61cmに迫った。

武本は市尼崎高出身。高校時代は3年時にインターハイと国体で優勝。高校歴代7位の56m44を放っている。

■女子やり投日本歴代5傑
66.00 北口 榛花(日大4) 2019.10.27
63.80 海老原有希(スズキ浜松AC) 2015.5.10
62.88 森  友佳(ニコニコのり) 2019.6.28
62.39 武本 紗栄(大体大4) 2021.6.5
62.37 斉藤真理菜(国士大4) 2017.8.25



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com