月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

3000m障害のレジェンド岩水嘉孝氏が資生堂の監督に就任 前日本記録保持者、五輪2大会、世陸5大会代表 


資生堂ランニングクラブは、6月1日付でコーチ、スタッフ体制の変更すると発表した。監督に3000m障害の前日本記録保持者でヘッドコーチを務めていた岩水嘉孝氏が新たに就任する。

岩水氏は愛知県出身の41歳。豊川高時代には3000m障害でインターハイ優勝。順大に進学し、卒業後はトヨタ自動車、富士通と3000m障害の第一人者として実業団でも活躍した。2003年に8分18秒93の日本記録を樹立。この記録は今年5月に三浦龍司(順大)に破られるまで18年間保持していた。オリンピックにも2004年アテネ、08年北京と2大会で出場。世界選手権にも01年エドモントン、03年パリ、05年ヘルシンキ、07年大阪、09年ベルリンと5大会に出場した。2019年より資生堂のヘッドコーチに就任していた。

岩水氏は同社を通じ「まだまだ学ぶことばかりですが、皆の力を最大限に発揮できるために選手・コーチ・スタッフと一緒に考え取り組んでまいります。チーム目標であるクイーンズ駅伝の優勝と、個々の大きな目標の達成に向け、良い部分をしっかり伸ばし、そして一社会人としての成長の手助けもできればと思っています」とコメント。現監督の川村浩之氏は監督と兼任していたゼネラルマネージャー専任となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com