月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ロハスが女子三段跳で15m43!自身の屋外世界歴代2位を更新、男子ハンマー投では世界選手権V4のファイデクが81m62


スペイン・アンドゥハルで5月22日に行われた競技会(世界陸連コンチネンタルツアー・ブロンズ)の女子三段跳で、J.ロハス(ベネズエラ)が3回目の15m43(+0.7)をマーク。屋外世界歴代2位である自己ベスト(15m41/2019年)を2cm更新し、1995年にI.クラヴェツ(ウクライナ)が出した世界記録(15m50)に7cmと迫った。

ロハスは15m14(+2.0)をマークした5月8日の競技会に続く今季2戦目。1回目をファウルとした後、2回目に14m73(+0.7)をマーク。そこから次の跳躍で一気に70cm伸ばした。最終6回目にも15mオーバーとなる15m31(+0.2)を跳んだ。

25歳のロハスは16年リオ五輪で銀メダルを獲得し、世界選手権は2連覇(17年ロンドン、19年ドーハ)している。15m43はすでに昨年2月にインドアでマークしており、室内世界記録でもある。

男子ハンマー投では、世界選手権4大会(13年モスクワ、15年北京、17年、19年)連続優勝のP.ファイデク(ポーランド)が今季世界リスト2位となる81m62を放った。5月8日の今季初戦では74m48だったが、調子を上げてきた。

女子5000mはこの種目初挑戦となった19歳のL.ハイル(エチオピア)が15分02秒27をマークし、1500m世界記録(3分50秒07)保持者のG.ディババ(エチオピア)を抑えて優勝した。ハイルは17年のU18世界選手権1500mの覇者で、5月25日に20歳を迎える。ディババは15分09秒61で2位だった。3位には800mでリオ五輪、ロンドン世界選手権両大会の銀メダリスト・F.ニョンサバ(ブルンジ)が15分12秒08で入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com