月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハンマー投・福田翔大が42年ぶり大会新!昨年“室伏超え”のホープ/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ3日目、男子1部ハンマー投は、福田翔大(日大)が68m84を放って優勝して連覇を達成。川田雅之(順大)が1979年に作った67m50の大会記録を42年ぶりに更新した。

「大会記録は意識していなくて、71~72mを目指していました。今日は30点」と悔やむ福田。大会前の調整練習では調子が良かったと言うが、「(5月3日の)静岡国際くらいから左に引っ張るクセが出てしまって、詰めが甘かった。まだ球に力を加えられていない」と反省する。それでも2回目にはファウルながら70mライン前後まで放つ投げを見せた。

昨年は日本インカレで2年生優勝。69m61が自己記録で、この記録は日本記録保持者の室伏広治(現・スポーツ庁長官)の大学2年時の記録を超えるもの。福田を指導するのがその室伏の父・重信コーチというのも何かの縁か。

冬季も基礎体力が向上し、「身体も少し大きくなったと思います」。7kg砲丸のバック投げでは“一流の証”とも言える20mと自己記録更新した。「良い投てきを安定させられれば、71m以上も見えます。今年中に学生記録を投げたい」と福田。その学生記録とは、もちろん室伏広治の持つ73m82。重信コーチが「私を超えるポテンシャルを持つ」と高く評価する逸材が、2つ目の“室伏超え”を見せる日は近い。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com