月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2部10000mヴィンセントがV 日本人トップは駒大・唐澤「箱根駅伝に出られなかった悔しさあった」/関東IC

◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレ初日に男子2部10000mが行われ、東京国際大のイェゴン・ヴィンセントが27分30秒24の自己新、学生歴代3位のタイムで圧勝した。レース途中からは文字通り独走。箱根駅伝2区区間記録保持者が貫禄の走りで他を圧倒し「勝ててうれしい」と笑顔を見せた。2位にはフィリップ・ムルワ(創価大)が27分56秒11で入った。

日本人トップの3位には28分05秒76で唐澤拓海(駒大)が食い込んだ。「最初はスローペースで焦った」と言うが、明大の鈴木聖人が日本人トップ集団を引っ張るレースとなり、「そこについていくことだけを考えた」と唐澤。「最後もスパートする余裕がありました。タイムはどうでもよくて、とにかくついていこうと」と、2年生ながら冷静なレース運びを見せた。

ルーキーイヤーだった昨シーズンは、駒大が誇る強力な世代の中で存在感を示したものの、箱根駅伝は走ることができず。「箱根に出られなかった悔しさがあって、合宿など頑張ってきた」と唐澤。その言葉通り、3月には5000mで13分40秒90、4月には10000mで28分02秒52と自己記録を更新し、関東インカレで日本人トップに立った。日本選手権では田澤廉、そして同期の鈴木芽吹が2、3位を占める姿をテレビで見て、「今の自分では2人についていくのは無理。差を感じた」と言いが、「刺激になるし、早く2人に追いつきたい」と強気な姿勢は崩さない。

全日本大学駅伝、箱根駅伝を制した駒大を“令和の常勝軍団”に押し上げるべく、成長著しい唐澤が大きな役割を担いそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com