月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mH木村文子が久々の大舞台「すごく楽しみ」地元に走りで元気を/織田記念前日会見


サトウ食品日本グランプリシリーズ、織田記念を明日に控え、女子100mハードルの木村文子(エディオン)が前日会見に臨んだ。

3月には日本選手権室内(60mハードル)に出場したが、屋外の大舞台はドーハ世界選手権以来で「1年半ぶりくらい」と笑う。昨年は東京五輪が延期となり、「不安も大きかった」と当時の心境を明かす。それだけ、東京五輪に向けて「着実にやってきた」から。だが、気持ちを切り替えた木村が選んだのは、陸上から離れること。そうすることで、自分の競技を見直し、「走りたい」という純粋な気持ちを取り戻した。地元・広島の高校生と一緒に練習し、「余計なことを考えず、早く走るために何が必要か、楽しんで走る高校生を見て後押しされた」と原点に戻った。

ほとんどレースに出場しなかった昨年も「19年まで積み上げていたもの」を継続。「その精度は上がっている」と感じている。だが、「これまでは(経験から)どのくらいタイムが出そうというのがわかったのですが、今は『何秒出るのかな?』という感じ」と苦笑いする木村。室内でも想像以上の記録が出たといい、それ以降は「5台目以降の走りの部分で、インターバルランの刻みを重点的に確認してきた。練習では手応えがある」と話す。

自身にとって「集大成」と位置づけるシーズン。「地元を走れるのは特別な気持ち。温かな声援でしっかり走ることができるんじゃないかと思います。地元の方々に元気になってもらえるような走りをしたい」と意気込みを語った。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com