HOME ニュース、国内

2021.04.28

山縣亮太が地元・広島で復活の一歩へ「課題がクリアできればいい記録が出る」/織田記念前日会見
山縣亮太が地元・広島で復活の一歩へ「課題がクリアできればいい記録が出る」/織田記念前日会見


サトウ食品日本グランプリシリーズ、織田記念を明日に控え、男子短距離の山縣亮太(セイコー)が前日会見に臨んだ。

「ワクワクする気持ちと、少しばかりのプレッシャー。いろんな感情が入り交じっています」。そう笑みを浮かべながら山縣は語る。織田記念は2018年以来。「慣れ親しんだグラウンドと雰囲気。国際大会の年などは織田記念を皮切りに波に乗れたと思います」とこの大会への思い明かす。その言葉通り、3年前は織田記念を制すと、日本選手権も優勝。夏のアジア大会では自身がベストのレースの一つに挙げる10秒00(+0.8)の自己記録で3位に入った。

だが、翌年は肺気胸で日本選手権を見送り、ドーハ世界選手権に出場できなかった。さらにケガも相次ぎ苦しい日々を過ごした。だが、やはりこの男は戻ってきた。「全力を出しても大丈夫かどうか、リスクが高そうな日は抑えながら、100パーセント以上を出しながらやって、(身体は)耐えてくれた」。これまで「一次加速、二次加速などイメージを持つ中で、全力を出してない可能性がある」と感じ、「気持ちの壁を取っ払って全力を出す」という点をフォーカスして取り組んできた。

今年2月からは高野大樹コーチにアドバイスを受けている。これまで特定のコーチを置かずにやってきたが、「第三者の目を通すことで自分の走りを最短距離で完成させていく」という狙いで依頼した。実際、「練習の1本1本、試合でもフィードバックが増えてきた」と話す。

今季は鹿児島(室内)で10秒39、宮崎では10秒36をマーク。「それぞれ違った課題が見つかった。その課題がクリアできればいい記録が出ると思う。自信があります」と、その表情には充実感が漂う。まだ東京五輪の参加標準記録10秒05を切っていない。「1日でも、1試合でも早く標準を切りたい。(明日は)勝ち、記録の両方を」と山縣。「しばらく調子がいい姿を見せられていないので、織田記念で『復活してきたな』と思ってもらえるように頑張ります」と笑顔で会見を終えた。

サトウ食品日本グランプリシリーズ、織田記念を明日に控え、男子短距離の山縣亮太(セイコー)が前日会見に臨んだ。 「ワクワクする気持ちと、少しばかりのプレッシャー。いろんな感情が入り交じっています」。そう笑みを浮かべながら山縣は語る。織田記念は2018年以来。「慣れ親しんだグラウンドと雰囲気。国際大会の年などは織田記念を皮切りに波に乗れたと思います」とこの大会への思い明かす。その言葉通り、3年前は織田記念を制すと、日本選手権も優勝。夏のアジア大会では自身がベストのレースの一つに挙げる10秒00(+0.8)の自己記録で3位に入った。 だが、翌年は肺気胸で日本選手権を見送り、ドーハ世界選手権に出場できなかった。さらにケガも相次ぎ苦しい日々を過ごした。だが、やはりこの男は戻ってきた。「全力を出しても大丈夫かどうか、リスクが高そうな日は抑えながら、100パーセント以上を出しながらやって、(身体は)耐えてくれた」。これまで「一次加速、二次加速などイメージを持つ中で、全力を出してない可能性がある」と感じ、「気持ちの壁を取っ払って全力を出す」という点をフォーカスして取り組んできた。 今年2月からは高野大樹コーチにアドバイスを受けている。これまで特定のコーチを置かずにやってきたが、「第三者の目を通すことで自分の走りを最短距離で完成させていく」という狙いで依頼した。実際、「練習の1本1本、試合でもフィードバックが増えてきた」と話す。 今季は鹿児島(室内)で10秒39、宮崎では10秒36をマーク。「それぞれ違った課題が見つかった。その課題がクリアできればいい記録が出ると思う。自信があります」と、その表情には充実感が漂う。まだ東京五輪の参加標準記録10秒05を切っていない。「1日でも、1試合でも早く標準を切りたい。(明日は)勝ち、記録の両方を」と山縣。「しばらく調子がいい姿を見せられていないので、織田記念で『復活してきたな』と思ってもらえるように頑張ります」と笑顔で会見を終えた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top