月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子400mでミラー・ウイボが今季世界最高の49秒08/WAコンチネンタルツアー・ゴールド開幕戦


国際陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドの開幕戦、USATFグランプリが4月24日、来年の世界選手権会場である米国・オレゴン州ユージンの「ヘイワードフィールド」で開催された。

女子400mでは2016年リオ五輪金メダリストのS.ミラー・ウイボ(バハマ)が今季世界最高の49秒08で制した。このタイムは自身4番目。

女子100mハードルはJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が12秒46(-0.3)で優勝。カマチョ・クインは先週、世界歴代7位タイの12秒32を出しており、好調が続いている。

女子ハンマー投では、4月10日に世界歴代5位の78m18を放ったB.アンダーセン(米国)が77m99で優勝。2位は19年ドーハ世界選手権覇者のD.プライス(米国)で76m15だった。男子ハンマー投はR.ウィンクラー(米国)が81m98の自己新で勝った。

男子1500mは、2月に室内のオセアニア記録(3分32秒35)を樹立したO.ホーア(豪州)が、屋外での自己ベストを更新する3分33秒54で勝利。3位にはドーハ世界選手権800m覇者のD.ブレイジャー(米国)が3分37秒58で入った。男子400mはM.ノーマン(米国)が44秒67で優勝した。

女子の1500mと5000mは英国勢が活躍。1500mはL.ミュアが4分01秒54、5000mはE.マッコルガン(英国)が14分52秒44でそれぞれ制した。

コンチネンタルツアー・ゴールドの次戦は5月9日、東京・国立競技場を会場に東京五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO」との併催で行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com