HOME ニュース、国内

2021.04.09

出雲陸上ケンブリッジ、小池、多田が100mエントリー 女子リレーは五輪への挑戦スタート
出雲陸上ケンブリッジ、小池、多田が100mエントリー 女子リレーは五輪への挑戦スタート


4月10、11日に、日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第75回出雲陸上が島根県立浜山公園陸上競技場で行われる。

男子100m(吉岡スプリント/11日)にはリオ五輪4×100mリレー銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(Nike)や、9秒98の自己記録を持つ小池祐貴(住友電工)、多田修平(同)、水久保漱至(第一酒造)らが名を連ねた。

ケンブリッジは3月に宮崎でシーズンインして10秒35(-0.1)をマーク。山縣亮太(セイコー)を0.01秒差で抑えた。昨年から30mまでの加速に重点を置いており、宮崎のレースは雨、寒さの中もあって記録・内容とも「許容範囲」。昨年、10秒03の自己記録をマークしているが、東京五輪の参加標準記録(10秒05)を上回ったものの、コロナ禍により有効期間外だったため、まずは参加標準記録突破が狙いで「5月くらいに切れれば」とケンブリッジ。出雲ではどんな走りを見せるか。小池は今季これが初戦となる。

10日には女子4×100mと4×400mリレーが組み込まれており、ここでは日本代表が編成されて5月の世界リレー選手権(ポーランド・シレジア)出場に向けたトライアルを実施。4×100mは世界リレーの参加標準記録43秒90を目指す。なお、標準記録の対象となるには2ヵ国以上のレースが条件となっているため、インドネシア代表を招待して行われる。

昨年100m、200mの日本選手権チャンピオンである兒玉芽生(福岡大)や鶴田玲美(南九州ファミリーマート)に加え、好調の齋藤愛美(大阪成蹊大)や11秒56をマークした青山華依(甲南大)らでベストメンバーで組めれば、参加標準記録や日本記録(43秒39)の更新も見えてくる。世界リレー選手権で入賞すれば、東京五輪の出場権を獲得できる。

女子短距離は翌日に100m、300m、400mが行われ、鶴田がウォームアップレース100mと300mにエントリー。ロングスプリントのエース・青山聖佳(大阪成蹊AC)と齋藤も同じく100mと300mに登録している。青山華依は100m(吉岡スプリント)に登録しており、出場すればこれが大学デビュー戦。100mには他にも2年前の100m女王・御家瀬緑(住友電工)や石川優(青学大)らが出場を予定している。

大会は無観客で行われ、11日のみ日本陸連のライブ配信が予定されている。

4月10、11日に、日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第75回出雲陸上が島根県立浜山公園陸上競技場で行われる。 男子100m(吉岡スプリント/11日)にはリオ五輪4×100mリレー銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(Nike)や、9秒98の自己記録を持つ小池祐貴(住友電工)、多田修平(同)、水久保漱至(第一酒造)らが名を連ねた。 ケンブリッジは3月に宮崎でシーズンインして10秒35(-0.1)をマーク。山縣亮太(セイコー)を0.01秒差で抑えた。昨年から30mまでの加速に重点を置いており、宮崎のレースは雨、寒さの中もあって記録・内容とも「許容範囲」。昨年、10秒03の自己記録をマークしているが、東京五輪の参加標準記録(10秒05)を上回ったものの、コロナ禍により有効期間外だったため、まずは参加標準記録突破が狙いで「5月くらいに切れれば」とケンブリッジ。出雲ではどんな走りを見せるか。小池は今季これが初戦となる。 10日には女子4×100mと4×400mリレーが組み込まれており、ここでは日本代表が編成されて5月の世界リレー選手権(ポーランド・シレジア)出場に向けたトライアルを実施。4×100mは世界リレーの参加標準記録43秒90を目指す。なお、標準記録の対象となるには2ヵ国以上のレースが条件となっているため、インドネシア代表を招待して行われる。 昨年100m、200mの日本選手権チャンピオンである兒玉芽生(福岡大)や鶴田玲美(南九州ファミリーマート)に加え、好調の齋藤愛美(大阪成蹊大)や11秒56をマークした青山華依(甲南大)らでベストメンバーで組めれば、参加標準記録や日本記録(43秒39)の更新も見えてくる。世界リレー選手権で入賞すれば、東京五輪の出場権を獲得できる。 女子短距離は翌日に100m、300m、400mが行われ、鶴田がウォームアップレース100mと300mにエントリー。ロングスプリントのエース・青山聖佳(大阪成蹊AC)と齋藤も同じく100mと300mに登録している。青山華依は100m(吉岡スプリント)に登録しており、出場すればこれが大学デビュー戦。100mには他にも2年前の100m女王・御家瀬緑(住友電工)や石川優(青学大)らが出場を予定している。 大会は無観客で行われ、11日のみ日本陸連のライブ配信が予定されている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top