HOME バックナンバー
月刊陸上競技2018年10月号
月刊陸上競技2018年10月号

月刊陸上競技
2018年10月号

Contents

ジャカルタ・アジア大会総特集

日本男子4継20年ぶり金メダル!! ~ 〝鬼門〟のアジア大会でついに王座奪還
男子200m小池 1000分の2秒差で金 ~ 楊俊瀚と激走の末、日本歴代7位の20秒23で制す
男子棒高跳山本 アジアの頂を征服 ~ 24年ぶり大会新の5m70
井上 壮絶なデッドヒート制す 男子マラソンで32年ぶりの金
右代 男子十種で連覇 大会史上3人目の快挙
勝木 〝大逆転〟V男子50kmW 日本勢2大会連続の金メダル
女子マラソンは2大会連続銀メダル 32歳・野上が終盤の2位争い制す
男子20kmW 山西 ラスト勝負で惜敗 銀メダルにも「一からチャレンジ」
男子100m 山縣 10秒00で銅メダル!! 日本選手団の主将が本領発揮
男子4×400mR 連覇逃すもメダル確保 仁川以来、4年ぶりの3分01秒台

広告の下にコンテンツが続きます

金メダリスト Side View

井上大仁(MHPS) 「アジア・チャンピオン」の座は「東京五輪」への必須条件だった
小池祐貴(ANA) 臼井淳一コーチに聞く 「師弟の出会いと大躍進の理由」

速報 日本インカレ

広沢がスプリント「4冠」 4継は12年ぶり学生新
塩尻 19年ぶり大会新で4連覇

全中岡山大会

奥山琴未 16m88の中学新!! ~ 驚異の2年生プッター、地元で輝く
栁田 7m22!! 男子MVPつかむ大ジャンプ

北海道マラソン2018

鈴木亜由子が初マラソンV
単独インタビュー マラソン初挑戦の理由は「自分の可能性を広げておきたかったから」

広告の下にコンテンツが続きます

第24回欧州選手権

18歳デュプランティス 6m05!! 自己のU20世界記録を一気に12cm更新

スペシャルレポート

大迫傑とジュリアン・コーチが語る 「競技観」とマラソン・トレーニング

大会報道

日韓中ジュニア交流競技会
全国高校選抜大会
全国高校定通制
全国高専陸上
全国小学生交流大会

Road to Hakone Ekiden

・夏合宿Special
青学大 目指すは2度目の「学生駅伝3冠」
青学4年生トリオ 夏合宿Special Talk
東洋大 米国合宿を6年ぶりに敢行
東海大 スピード軍団が『箱根制覇』に意欲
注目チームの夏合宿 ~ 駒大、順大、神奈川大、國學院大、早大、法大、日体大
第95回箱根駅伝予選会 展望 ~ 20kmからハーフマラソンへ距離延長
第30回出雲駅伝展望

広告の下にコンテンツが続きます

追跡・三重インターハイ

小林歩未(市船橋3千葉) ~ 11年ぶり高校新 「13秒34」の背景を探る
★連続写真で見る高校チャンピオンの技術
女子100mH 小林歩未(市船橋)、男子円盤投 山下航生(市岐阜商)
男子100m 塚本ジャスティン惇平(城西)、男子800m クレイ・アーロン竜波(相洋)
男子走幅跳 海鋒泰輝(西武台千葉)、女子200m 壹岐あいこ(京都橘)

情報コーナー

WORLD TOPICS
Newsフラッシュ
Record Room
INFORMATION
Gekkan Calendar
4団体情報

技術コーナー

すぐできるフィジカルトレーニング(眞鍋芳明)
トレーニング講座

連載

生涯スタッツで顧みる「世界のレジェンド」
横田真人の「800の目線」
TEAM FILE [五島高校(長崎県)・北浜中学(静岡県)]
陸上つわもの列伝(喜田武志)
マイプライバシー(真野悠太郎)
Young Athletes Forum

広告の下にコンテンツが続きます

カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

Contents

ジャカルタ・アジア大会総特集

日本男子4継20年ぶり金メダル!! ~ 〝鬼門〟のアジア大会でついに王座奪還 男子200m小池 1000分の2秒差で金 ~ 楊俊瀚と激走の末、日本歴代7位の20秒23で制す 男子棒高跳山本 アジアの頂を征服 ~ 24年ぶり大会新の5m70 井上 壮絶なデッドヒート制す 男子マラソンで32年ぶりの金 右代 男子十種で連覇 大会史上3人目の快挙 勝木 〝大逆転〟V男子50kmW 日本勢2大会連続の金メダル 女子マラソンは2大会連続銀メダル 32歳・野上が終盤の2位争い制す 男子20kmW 山西 ラスト勝負で惜敗 銀メダルにも「一からチャレンジ」 男子100m 山縣 10秒00で銅メダル!! 日本選手団の主将が本領発揮 男子4×400mR 連覇逃すもメダル確保 仁川以来、4年ぶりの3分01秒台

金メダリスト Side View

井上大仁(MHPS) 「アジア・チャンピオン」の座は「東京五輪」への必須条件だった 小池祐貴(ANA) 臼井淳一コーチに聞く 「師弟の出会いと大躍進の理由」

速報 日本インカレ

広沢がスプリント「4冠」 4継は12年ぶり学生新 塩尻 19年ぶり大会新で4連覇

全中岡山大会

奥山琴未 16m88の中学新!! ~ 驚異の2年生プッター、地元で輝く 栁田 7m22!! 男子MVPつかむ大ジャンプ

北海道マラソン2018

鈴木亜由子が初マラソンV 単独インタビュー マラソン初挑戦の理由は「自分の可能性を広げておきたかったから」

第24回欧州選手権

18歳デュプランティス 6m05!! 自己のU20世界記録を一気に12cm更新

スペシャルレポート

大迫傑とジュリアン・コーチが語る 「競技観」とマラソン・トレーニング

大会報道

日韓中ジュニア交流競技会 全国高校選抜大会 全国高校定通制 全国高専陸上 全国小学生交流大会

Road to Hakone Ekiden

・夏合宿Special 青学大 目指すは2度目の「学生駅伝3冠」 青学4年生トリオ 夏合宿Special Talk 東洋大 米国合宿を6年ぶりに敢行 東海大 スピード軍団が『箱根制覇』に意欲 注目チームの夏合宿 ~ 駒大、順大、神奈川大、國學院大、早大、法大、日体大 第95回箱根駅伝予選会 展望 ~ 20kmからハーフマラソンへ距離延長 第30回出雲駅伝展望

追跡・三重インターハイ

小林歩未(市船橋3千葉) ~ 11年ぶり高校新 「13秒34」の背景を探る ★連続写真で見る高校チャンピオンの技術 女子100mH 小林歩未(市船橋)、男子円盤投 山下航生(市岐阜商) 男子100m 塚本ジャスティン惇平(城西)、男子800m クレイ・アーロン竜波(相洋) 男子走幅跳 海鋒泰輝(西武台千葉)、女子200m 壹岐あいこ(京都橘)

情報コーナー

WORLD TOPICS Newsフラッシュ Record Room INFORMATION Gekkan Calendar 4団体情報

技術コーナー

すぐできるフィジカルトレーニング(眞鍋芳明) トレーニング講座

連載

生涯スタッツで顧みる「世界のレジェンド」 横田真人の「800の目線」 TEAM FILE [五島高校(長崎県)・北浜中学(静岡県)] 陸上つわもの列伝(喜田武志) マイプライバシー(真野悠太郎) Young Athletes Forum カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top