月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2021年日本GPシリーズ概要発表 11大会+日本選手権などで年間王者決定、4/10金栗記念で開幕


日本陸連は、2021年の日本グランプリシリーズのネーミングライツパートナーと、昨年度に引き続き「サトウ食品株式会社」と契約が決定したと発表し、合わせて日本グランプリシリーズの概要を発表した。

日本グランプリシリーズは指定大会を対象に、年間を通してポイントを争い、シリーズチャンピオンと種目別チャンピオンを決する。今年の日本グランプリシリーズ指定大会は全11大会で争われ、これに加えてポイント対象大会として日本選手権と鹿児島県記録会(※混成競技)が指定されている。シリーズチャンピオンには強化費100万円とサトウ食品1年分が贈呈される。

4月10日の金栗記念(熊本)で開幕し、10月の田島紀念でシリーズは終了。東京五輪イヤーということもあり、田島紀念以外はすべて五輪参加標準記録の対象期間となる6月までに開催される。

注目の100mは4月11日の出雲陸上、4月29日の織田記念などで行われ、織田記念には例年通りトップ選手たちが出場する見込み。東京五輪の出場権獲得条件のひとつであるワールドランキングは、カテゴリーの高い競技会になるほどポイントを稼げるようになっており、日本グランプリシリーズでは、織田記念、静岡国際、木南記念、Denka Athletics Challenge Cup 2021がCカテゴリーに設定されている。

昨年はコロナ禍の影響で4大会にて開催され、相澤晃(旭化成)と新谷仁美(積水化学)がシリーズチャンピオンとなった。概要、実施種目は日本陸連HPで確認できる。

●日本グランプリシリーズ
4/10 熊本大会 第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会 2021
4/11 出雲大会 吉岡隆徳記念第75回出雲陸上競技大会
4/25 神戸大会 第69回兵庫リレ-カ-ニバル
4/29 広島大会 第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会
5/3 静岡大会 第36回静岡国際陸上競技大会
5/4 延岡大会 第32回ゴールデンゲームズinのべおか
5/5 水戸大会 2021 水戸招待陸上
5/5 大阪大会 第8回木南道孝記念陸上競技大会
6/6 新潟大会 Denka Athletics Challenge Cup 2021
6/6 鳥取大会 布勢スプリント 2021
10/17 山口大会 第 18 回田島直人記念陸上競技大会

●ポイント対象大会
5/2、2 第3回鹿児島県陸上競技記録会(鹿児島)※混成競技
5/3 第105回日本陸上競技選手権大会・10000m(静岡)
6/12、13 第105回日本陸上競技選手権大会・混成競技(長野)
6/24~27 第105回日本陸上競技選手権大会(大阪)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com