月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

200m女王・鶴田玲美が地元鹿児島で初戦100m11秒80「キレはこれから」/JAG大崎室内


◇2021 Japan Athlete Games in Osaki(2月28日/鹿児島県大崎町)

鹿児島県大崎町にあるジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で2021 Japan Athlete Games in Osakiが行われ、女子200mで昨年の日本選手権を制した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が100mに出場し、11秒80で優勝を飾った。

鶴田は予選で11秒81をマーク。この時点で、これまで日本人が室内女子100mでマークしていた12秒78(原悦子、横浜南高教/1989年)を大きく上回る日本室内最高記録。決勝でも得意の中盤からスッと抜け出した。

「シーズン初戦で11秒8台はまずまず」と鶴田。飛躍を遂げた昨シーズンから変わらず、土台となる身体作りをテーマに冬季に取り組んできたという。まだ冬季期間ということもあり、「キレ味はまだ」と言うが、2本とも同じようなタイムにも決勝では「(課題としている)加速から後半へのつなぎの部分は良かった」と一定の手応えをつかんだ様子。

地元・鹿児島で行われた初の室内競技会。「トップ選手たちがウォーミングアップしているのが不思議な感じでした」と言う。この冬も大きなケガもなく消化できているようで、「まずは日本選手権で良い結果を出せるようにしていきたい」と鶴田。鹿児島で記録会に出場し、シレジア2021世界リレー(5月1日~2日/ポーランド・シレジア)の代表選考となる3月28日の宮崎でのトライアルで本格的なシーズンインを迎える。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com