月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

“レジェンド”35歳アリソン・フェリックスが室内200m22秒59の衝撃シーズンイン


2月21日、世界陸連(WA)室内ツアー・シルバーカテゴリーの米国トラックリーグが行われ、女子200mでアリソン・フェリックス(米国)が22秒59をマークして優勝した。

6つの五輪金メダルを含め、世界選手権を合わせて12のタイトルを持つ35歳になったフェリックスが鮮烈なシーズンイン。15歳のスプリンターなど年下選手を相手に貫禄を示した。これまでの室内ベストは23秒14だったが大幅に更新。生きるレジェンドと言えるフェリックスは、2018年12月に女児を出産。19年にはドーハ世界選手権の男女混合4×400mリレーで金メダル獲得に貢献している。

フェリックスは昨年の室内シーズンは60mに出場したが、コロナ禍中の屋外シーズンでは7月に150mに出場していたのみだった。この日は60mにも出場して7秒28(2位)。「久しぶりに走ることができて気持ちいい。200mは私が好きな種目の一つで楽しむだけでした」と語り、「大きな目標はシーズンの後半」と、全米選手権で自身5度目のオリンピックとなる東京五輪を目指す。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com