月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

十種競技のホープ丸山優真が住友電工へ 地元・関西から世界目指す


住友電工は2月4日、今春入社の選手を発表。男子十種競技で日本歴代7位の7752点を持つ日大の丸山優真ら4名が加入する。

丸山は大阪出身。信太高時代にインターハイ八種競技で優勝し、6214点の高校記録も樹立。日大では2年時に日本歴代7位、学生歴代3位となる7752点をマークした。大学3年の2019年に胸椎椎間板ヘルニアを発症して長期離脱。それでも4年時には名門・日大の主将となり、昨年9月の日本インカレで十種競技に復帰して3位に入った。身長194cmと規格外の体格に、110mハードル13秒台、走幅跳7m53、棒高跳4m80とスピードや技術も備える、十種競技界にとって期待の若手選手だ。

また、長距離では、すでに一部報道がされていてたように、今年の箱根駅伝で優勝した駒大の加藤淳、青学大の吉田圭太、岩見秀哉を加え、合計4選手が4月1日付で入社する。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com