月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪に向け各地で好記録続出 棒高跳ライトフットが5m94の米国室内学生新 ラヴィレニが5m92

年が明け、週末に世界各地で好記録が誕生している。
男子三段跳で、F.ザンゴ・ユゲ(ブルキナファソ)が室内世界新記録となる18m07をマークしたほかにも、16日に米国・テキサス州で開催された競技会の女子800mではA.ムー(米国)がU20室内世界歴代2位の2分01秒07をマーク。U20室内世界記録まであと0.04秒に迫る記録だった。ムーは2019年の全米室内で優勝している19歳で、今大会が大学生としてのデビュー戦だった。

17日にはテキサス州で行われた競技会でK.ライトフットが男子棒高跳で5m94を跳び、米国の室内学生記録を更新。今年の世界ランキングトップに立った。同種目では仏・ボルドーの室内大会で12年ロンドン五輪覇者で前世界記録保持者の34歳、R.ラヴィレニ(フランス)が5m92をマークしている。
南半球では屋外で競技会が実施されており、16日に豪州・ウロンゴンで開催された大会の男子100mではR.ブラウニング(豪州)が追い風参考ながら9秒96(+3.3)の好記録をマークした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com