月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪5000m代表・田中希実が10000mで自己新31分59秒89「良いスタート切れた」


◇京都 女子駅伝・中長距離競技会(1月17日/たけびしスタジアム京都)

都道府県対抗女子駅伝の代替大会となる京都 女子駅伝・中長距離競技会が1月17日に行われ、トップ選手が集まった女子10000mは、同種目2度目の出場となった5000m東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)が31分59秒89の自己新で1着。従来の田中の自己記録は2019年にマークした32分25秒81。終盤まで先頭だった安藤友香(ワコール)が32分05秒48で2着だった。

小雨が降る中でスタート。レースは序盤から安藤が先頭を行き、1000mを3分10秒で通過し、後続を10秒近く離す。安藤はそのまま独走となり、2番手集団は田中や筒井咲帆(ヤマダホールディングス)や岡本春美(三井住友海上)らが陣取った。安藤が5000mを15分54秒で通過し、2位集団は16分06秒。7000m過ぎに田中が2位集団の前を引く展開となる。

「中盤まで差が広がってなかったので、ラスト3000mから上げれば追いつけるかも」と思った田中。8000mを通過が安藤25分35秒、田中が25分46秒。ここから2位集団がペースアップする。9000mまで安藤が粘り28分50秒で通過したが、残り400mで勝利を確信した田中は300mで一気に前に出た田中がトップでフィニッシュした。

19年の日本選手権以来、自身2度目の10000mということもあり、「走る前は不安もあった」と言うが、2021年初レースに「良いスタートが切れました」と語った。すでに5000mで東京五輪に内定済みだが、日本記録4分05秒27を持つ1500mでも「参加標準記録(4分04秒20)を切ってオリンピックに出たい」と次なるターゲットを明かした。

2位の安藤は「(400mを)75秒前後で押していって、東京五輪の参加標準記録(31分25秒00)を目指しましたが力が足りなかった」。挑戦してきたマラソンは「ひと休み」し、10000mでの東京五輪代表入りを狙っていくとしている。

高校女子3000m全体トップは細谷愛子(立命館宇治1京都)で9分18秒86、中学女子3000mは深田望友(樫原中3京都)が9分42秒76でトップ。この大会は新型コロナウイルスの影響により中止となった全国都道府県対抗女子駅伝の代替大会としてトラック種目で開催された。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com