月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

都道府県女子駅伝代替大会の中長距離競技会は無観客で実施

新型コロナウイルスの影響で中止となった全国都道府県対抗女子駅伝。その代替大会として1月17日に予定されている「京都 女子駅伝・中長距離競技会」を無観客で実施すると大会事務局が発表した。当初は観客の有無について言及はなかったが、「新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み」無観客での開催を決定した。主催者は「当日は感染予防に万全を期し、大会運営を行ってまいります」とコメントしている。

大会は京都市のたけびしスタジアム京都(西京極)でトラックレースとして行われ、種目は3000m(中学・高校)、5000m(高校・一般)、10000m(一般)。毎年行われている「少女ミニ駅伝」も実施される。10000mには1500mと3000mの日本記録保持者で5000m東京五輪代表内定の田中希実(豊田自動織機TC)がエントリーしている。

都道府県女子駅伝は都道府県対抗の「オールスター戦」で、中学生から実業団まで各カテゴリーの選手たちがタスキをつなぎ都大路を駆け抜ける1月の風物詩となっている大会。21年大会はコロナ禍により初の中止となった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com