月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】前回3位・國學院大3年生・中西大翔が2区!藤木は補欠登録/区間エントリー


1月2日、3日に行われる第97回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日発表された。

2019年度に飛躍を遂げ、箱根駅伝3位に入った國學院大は、今季チーム内記録を立て続けに更新するなど好調の中西大翔(2年)が2区に入った。主将の木付琳、藤木宏太の3年生2人を補欠登録している

また、前回10区を務めた殿地琢朗(3年)が5区を務める。ただ1人の1年生・伊地知賢造は8区にエントリー。目標とする2年連続3位へ往路が鍵となりそうだ。

 1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。今大会から当日変更のルールが変わり、これまでの4人から6人の選手変更が可能となり、往路・復路それぞれ最大4人変更できる。

●國學院大
5年連続14回目出場
最高成績3位
●区間エントリー
1区 門田 秀利(4)
2区 中西 大翔(2)
3区 石川 航平(3)
4区 藤村 遼河(4)
5区 殿地 琢朗(3)
6区 島崎 慎愛(3)
7区 田川 良昌(4)
8区 伊地知賢造(1)
9区 高嶌 凌也(4)
10区 木下  巧(4)
・補欠
臼井 健太(4)
河東 寛大(4)
徳備 大輔(4)
木付  琳(3)
藤木 宏太(3)
中西 唯翔(2)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com