月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】早大・小指卓也が5000mで13分41秒01の好タイム/早大競技会

11月4日に開催された早大競技会の男子5000mで、早大の小指卓也(2年)が今季日本人学生5位となる13分41秒01の好タイムをマーク。同種目の日本選手権参加標準記録(13分42秒00)を突破した。

小指は東京世界選手権マラソン代表で現・東農大監督である小指徹氏の次男。福島・学法石川高3年時は全国高校駅伝2区区間賞、全国都道府県対抗駅伝1区区間4位で福島県チームの初優勝に貢献するなど、主に駅伝で活躍した。早大では1年時に全日本大学駅伝の関東地区選考会に出場(1組10着)。今月1日に行われた全日本大学駅伝ではメンバー入りできなかったものの、トラックで存在感を発揮した。

同レースでは全日本大学駅伝で3位に食い込んだ明大の不出場組が6人も13分台でフィニッシュし、富田峻平と漆畑瑠人の2年生コンビがそれぞれ13分41秒74、13分41秒87と箱根駅伝に向けて猛アピールした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com