HOME 高校

2020.10.23

【400m】今季好調の友田真隆がU18歴代2位の46秒51で初タイトル/全国高校
【400m】今季好調の友田真隆がU18歴代2位の46秒51で初タイトル/全国高校


◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)初日

高校日本一を決める全国高校大会の初日に行われた男子400mで、友田真隆(川越東3埼玉)が46秒51の好記録で頂点に立った。

「こんなに出ると思わなかった」と自身もビックリのパフォーマンス。今季は8月に47秒04でシーズンインすると、46秒72、46秒77と好記録を連発して今大会に臨んだ。決勝は「自己ベストが出ればいいなと思った」とスタートすると他を圧倒。46秒51は高校歴代11位、早生まれのためU18日本歴代で2位にランクインした。

自粛期間中には課題だったラスト100mで走りがブレないように補強で体幹を強化。課題が解消したことを好記録の要因に挙げる。

昨年はインターハイ予選敗退で、全国の決勝も今回が初めて。「実はまだ陸上を続けるかどうか迷っていて、これからじっくり考えます」とはにかむ186cmの長身スプリンターは、まだまだ伸びしろ十分。さらなる飛躍を期待せずにはいられない。

2位に47秒16の自己新をマークした稲川慧亮(中京大中京3愛知)が入り、昨年インターハイ優勝の木下祐一(洛南3京都)が、今季はケガに泣かされながら3位に入って力を見せた。

■男子400m
友田 真隆(川越東3埼玉)  46.51
稲川 慧亮(中京大中京3愛知)47.16
木下 祐一(洛南3京都)   47.24
鈴木 大翼(新潟明訓2新潟) 47.26
吉木  翼(東葛飾2千葉)  47.70
眞々田洸大(成田3千葉)   47.81
橋本 太喜(高砂南3兵庫)  48.06
佐竹 結月(日大三島2静岡) 48.09

■男子400mU18日本歴代5傑
45.89 金丸 祐三(大阪高2大阪) 2004.10.27
46.51 友田 真隆(川越東3埼玉) 2020.10.23  
46.52 伊東 浩司(報徳学園高3兵庫) 1987.10.29
46.55 木下 祐一(洛南高2京都) 2019.11. 4
46.65 稲垣 誠司(西条農高2広島) 1990.10.25

◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)初日 高校日本一を決める全国高校大会の初日に行われた男子400mで、友田真隆(川越東3埼玉)が46秒51の好記録で頂点に立った。 「こんなに出ると思わなかった」と自身もビックリのパフォーマンス。今季は8月に47秒04でシーズンインすると、46秒72、46秒77と好記録を連発して今大会に臨んだ。決勝は「自己ベストが出ればいいなと思った」とスタートすると他を圧倒。46秒51は高校歴代11位、早生まれのためU18日本歴代で2位にランクインした。 自粛期間中には課題だったラスト100mで走りがブレないように補強で体幹を強化。課題が解消したことを好記録の要因に挙げる。 昨年はインターハイ予選敗退で、全国の決勝も今回が初めて。「実はまだ陸上を続けるかどうか迷っていて、これからじっくり考えます」とはにかむ186cmの長身スプリンターは、まだまだ伸びしろ十分。さらなる飛躍を期待せずにはいられない。 2位に47秒16の自己新をマークした稲川慧亮(中京大中京3愛知)が入り、昨年インターハイ優勝の木下祐一(洛南3京都)が、今季はケガに泣かされながら3位に入って力を見せた。 ■男子400m 友田 真隆(川越東3埼玉)  46.51 稲川 慧亮(中京大中京3愛知)47.16 木下 祐一(洛南3京都)   47.24 鈴木 大翼(新潟明訓2新潟) 47.26 吉木  翼(東葛飾2千葉)  47.70 眞々田洸大(成田3千葉)   47.81 橋本 太喜(高砂南3兵庫)  48.06 佐竹 結月(日大三島2静岡) 48.09 ■男子400mU18日本歴代5傑 45.89 金丸 祐三(大阪高2大阪) 2004.10.27 46.51 友田 真隆(川越東3埼玉) 2020.10.23   46.52 伊東 浩司(報徳学園高3兵庫) 1987.10.29 46.55 木下 祐一(洛南高2京都) 2019.11. 4 46.65 稲垣 誠司(西条農高2広島) 1990.10.25

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top