HOME 駅伝

2024.06.23

3組目は東洋大・石田洸介が盤石の走り!立教大は初出場へ前進 法大途中棄権/全日本大学駅伝関東選考会
3組目は東洋大・石田洸介が盤石の走り!立教大は初出場へ前進 法大途中棄権/全日本大学駅伝関東選考会

全日本大学駅伝関東学連選考会の3組でトップを占めた石田洸介

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)

第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、3組目では東洋大・石田洸介(4年)が28分58秒11で1着となった。

レースは石田を先頭に3000mを8分36秒とハイペースで進め、集団が2つに分かれるなど、序盤から揺さぶりの多い展開となった。

中盤では順大・吉岡大翔(2年)、早大・伊藤大志(4年)などが先頭を引っ張るなどしたが、やや牽制するかたちに。8000mで日体大・浦上和樹(3年)が仕掛ける場面もあったものの、変わらず10人ほどの集団でレースが進んだ。

しかし、東洋大・石田が9000mを前にスパートを仕掛けると一気に後続とのリードを拡大。そのまま2位以下に大差をつけてフィニッシュした。

総合争いは東海大が変わらずトップをキープ。東洋大が2位と続き、林虎大朗(4年)が2着、國安広人(3年)が3着と上位に入った立教大が3位にジャンプアップし、初の全日本出場に大きく前進した。

また、法大は清水郁杜(3年)が途中棄権となり、チームとして記録を残すことができなくなった。

大会は書類選考で選ばれた20校が出場。4組のタイムレースに2人ずつが参加し、総合タイムで争う。上位7校が11月3日に行われる本大会(愛知県名古屋市~三重県伊勢市)への出場権を獲得する。

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第56回全日本大学駅伝の関東学連推薦校選考会が行われ、3組目では東洋大・石田洸介(4年)が28分58秒11で1着となった。 レースは石田を先頭に3000mを8分36秒とハイペースで進め、集団が2つに分かれるなど、序盤から揺さぶりの多い展開となった。 中盤では順大・吉岡大翔(2年)、早大・伊藤大志(4年)などが先頭を引っ張るなどしたが、やや牽制するかたちに。8000mで日体大・浦上和樹(3年)が仕掛ける場面もあったものの、変わらず10人ほどの集団でレースが進んだ。 しかし、東洋大・石田が9000mを前にスパートを仕掛けると一気に後続とのリードを拡大。そのまま2位以下に大差をつけてフィニッシュした。 総合争いは東海大が変わらずトップをキープ。東洋大が2位と続き、林虎大朗(4年)が2着、國安広人(3年)が3着と上位に入った立教大が3位にジャンプアップし、初の全日本出場に大きく前進した。 また、法大は清水郁杜(3年)が途中棄権となり、チームとして記録を残すことができなくなった。 大会は書類選考で選ばれた20校が出場。4組のタイムレースに2人ずつが参加し、総合タイムで争う。上位7校が11月3日に行われる本大会(愛知県名古屋市~三重県伊勢市)への出場権を獲得する。

関東学連推薦校選考会 3組目終了時点での総合順位

1位 東海大  2時間57分25秒75 2位 東洋大  2時間57分43秒85 3位 立教大  2時間57分46秒29 4位 日体大  2時間57分59秒52 5位 早大   2時間58分06秒48 6位 帝京大  2時間58分29秒40 7位 明大   2時間58分32秒22 8位 神奈川大 2時間58分34秒71 9位 中央学大 2時間59分41秒95 10位 山梨学大 3時間00分10秒16 11位 日大   3時間00分13秒64 12位 国士大  3時間01分31秒51 13位 東農大  3時間02分38秒85 14位 順大   3時間02分43秒34 15位 麗澤大  3時間02分44秒26 16位 駿河台大 3時間02分51秒66 17位 専大   3時間03分52秒94 18位 流経大  3時間05分48秒40 19位 亜細亜大 3時間09分20秒27    法大   記録なし

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top