HOME 高校

2024.06.18

100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州
100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州

24年インターハイ北九州地区大会女子100mHで優勝した谷中天架(左)と2位の松田晏奈

◇インターハイ北九州地区大会(6月14日~17日/長崎・トランスコスモススタジアム長崎)4日目

福岡インターハイを懸けた北九州地区大会の最終日はトラック8種目、フィールド4種目の決勝が行われ、3種目で大会新記録が誕生した。

その中で全国の注目を集めたのが女子100mハードル。4月のU20アジア選手権で1位、2位を占めた谷中天架(大分雄城台3大分)と松田晏奈(長崎日大3長崎)が再び対決した。

前日の予選では松田が13秒90(+0.7)をマークすると、午前中の準決勝では谷中が13秒75(-0.3)と松田を上回るタイムで決勝に進む。迎えた決勝ではスタートから谷中がリードを奪うと、序盤は3番手にいた松田が5台目付近から猛追するかたちに。しかし、わずかにその差が詰まっただけで、谷中が13秒68(±0)で2連覇を達成。松田は0.10秒差で2位となった。

無風で13秒6台を記録した谷中は「昨年は13秒台を出すことに精一杯でしたが、今季はコンスタントに13秒台が出せているので、レベルアップを実感しています。(インターハイでは)2年連続で入賞していますが、優勝はなかなかできるものではないので、今年こそは優勝したいです」と、中学以来の日本一に強い意欲を示した。

また、前半は2番手につけた井千夏(筑紫女学園1福岡)が13秒89の3位と健闘。4位の後藤若菜(大分舞鶴3大分)が13秒92と上位4人が13秒台というレースに会場は大きく沸いた。

男子3000m障害では牟田颯太(鎮西学院3長崎)が1600m過ぎから独走し、8分54秒17で大会記録を30年ぶりに更新。さらに、自身の持つ県高校記録も塗り替え「他の地区でも8分台が出ているので、刺激になっていました。全国では優勝したいです」と目を輝かせた。

男子200mでは、100m優勝の宮脇英(佐伯鶴城3大分)が20秒93(±0)の大会新でスプリント2冠。400mハードルを制した岩本咲真(東福岡)は、本職の男子110mハードルでも14m72(-1.0)をマークし、「2種目で優勝できるとは思わなかったです」と笑顔をこぼした。

男子三段跳は、結城匠輝(福岡第一3福岡)が6回目に14m94(+0.1)の自己ベストを跳び、逆転優勝。男子4×400mリレーは、九産大九産(福岡)が近大福岡(福岡)との接戦を制して、3分12秒55で1位に。前日の4×100mリレーに続き、初めて北九州大会を制している。

女子総合は92点の中村学園女(福岡)で2年連続、男子は70点獲得の福岡第一が優勝を飾った。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡市の博多の森陸上競技場で開催。各地区大会の上位6位までが出場する。(男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位、混成は3位+各地区4から6位の記録上位5位まで)

文/田端慶子

◇インターハイ北九州地区大会(6月14日~17日/長崎・トランスコスモススタジアム長崎)4日目 福岡インターハイを懸けた北九州地区大会の最終日はトラック8種目、フィールド4種目の決勝が行われ、3種目で大会新記録が誕生した。 その中で全国の注目を集めたのが女子100mハードル。4月のU20アジア選手権で1位、2位を占めた谷中天架(大分雄城台3大分)と松田晏奈(長崎日大3長崎)が再び対決した。 前日の予選では松田が13秒90(+0.7)をマークすると、午前中の準決勝では谷中が13秒75(-0.3)と松田を上回るタイムで決勝に進む。迎えた決勝ではスタートから谷中がリードを奪うと、序盤は3番手にいた松田が5台目付近から猛追するかたちに。しかし、わずかにその差が詰まっただけで、谷中が13秒68(±0)で2連覇を達成。松田は0.10秒差で2位となった。 無風で13秒6台を記録した谷中は「昨年は13秒台を出すことに精一杯でしたが、今季はコンスタントに13秒台が出せているので、レベルアップを実感しています。(インターハイでは)2年連続で入賞していますが、優勝はなかなかできるものではないので、今年こそは優勝したいです」と、中学以来の日本一に強い意欲を示した。 また、前半は2番手につけた井千夏(筑紫女学園1福岡)が13秒89の3位と健闘。4位の後藤若菜(大分舞鶴3大分)が13秒92と上位4人が13秒台というレースに会場は大きく沸いた。 男子3000m障害では牟田颯太(鎮西学院3長崎)が1600m過ぎから独走し、8分54秒17で大会記録を30年ぶりに更新。さらに、自身の持つ県高校記録も塗り替え「他の地区でも8分台が出ているので、刺激になっていました。全国では優勝したいです」と目を輝かせた。 男子200mでは、100m優勝の宮脇英(佐伯鶴城3大分)が20秒93(±0)の大会新でスプリント2冠。400mハードルを制した岩本咲真(東福岡)は、本職の男子110mハードルでも14m72(-1.0)をマークし、「2種目で優勝できるとは思わなかったです」と笑顔をこぼした。 男子三段跳は、結城匠輝(福岡第一3福岡)が6回目に14m94(+0.1)の自己ベストを跳び、逆転優勝。男子4×400mリレーは、九産大九産(福岡)が近大福岡(福岡)との接戦を制して、3分12秒55で1位に。前日の4×100mリレーに続き、初めて北九州大会を制している。 女子総合は92点の中村学園女(福岡)で2年連続、男子は70点獲得の福岡第一が優勝を飾った。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡市の博多の森陸上競技場で開催。各地区大会の上位6位までが出場する。(男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位、混成は3位+各地区4から6位の記録上位5位まで) 文/田端慶子

インターハイ北九州大会優勝者一覧をチェック!

●男子 100m   宮脇英(佐伯鶴城3大分)  10秒40(+2.0) 200m   宮脇英(佐伯鶴城3大分)  20秒94(±0) 400m   栗原悠人(近大福岡2福岡) 47秒56 800m   中島颯太(白石3佐賀)   1分51秒97 1500m   今村仁(鳥栖工2佐賀)   3分49秒78 5000m   辻誉(福岡第一3福岡)   14分36秒71 110mH   岩本咲真(東福岡2福岡)  14秒72(-1.0) 400mH   岩本咲真(東福岡2福岡)  52秒00 3000m障害 牟田颯太(鎮西学院3長崎) 8分54秒17=大会新 5000m競歩 上村洋司郎(大牟田3福岡) 22分18秒73 4×100mR  九産大九産(福岡)     40秒64=大会タイ(予選40秒39=大会新) 4×400mR  九産大九産(福岡)     3分12秒55 走高跳  中谷魁聖(福岡第一3福岡) 2m10  棒高跳  牛島勇人(九産大九産3福岡)4m50 走幅跳  大森恵偉音 (福岡第一2福岡)7m38(-1.2) 三段跳  結城匠輝 (福岡第一3福岡) 14m94(+0.1) 砲丸投  石丸大智(純真2福岡)   15m59 円盤投  田中亮(苅田工3長崎)   46m82 ハンマー投 村島悠斗(長崎日大2長崎) 55m13 やり投  榎本禮斗(純真3福岡)   62m02 八種競技 樫山鳴(長崎日大3長崎)  5664点 男子総合 福岡第一(福岡)      70点 [adinserter block="4"] ●女子 100m   小谷凛(純心女3長崎)    12秒11(-0.4) 200m   谷本実優(九国大付3福岡)  24秒45(-1.0) 400m   坂本紗季 (福岡大大濠3福岡) 54秒96 800m   小松美咲(中村学園女2福岡) 2分11秒69 1500m   川西みち(自由ケ丘3福岡)  4分24秒25 3000m   金森詩絵菜(筑紫女学園3福岡)9分24秒32 100mH   谷中天架(大分雄城台3大分) 13秒68(±0) 400mH   福岡梓音(中村学園女3福岡) 60秒87 5000m競歩 山中日花里(宗像3福岡)   23分53秒46 4×100mR  大分雄城台(大分)      46秒39 4×400mR  中村学園女(福岡)      3分46秒71 走高跳  藤原華瑠子(純心女3長崎)  1m64 棒高跳  水野りこ(大分西3大分)   3m50 走幅跳  原琉心(中村学園女3福岡)  5m98(-0.4) 三段跳  柴田藍名(福岡大若葉3福岡) 12m19(-1.3) 砲丸投  近藤湊(長崎日大3長崎)   12m37 円盤投  塩川琴巴(近大福岡3福岡)  38m90 ハンマー投 工藤実幸乃(筑豊3福岡)   54m39 やり投  福永実由(朝倉3長崎)    48m59 七種競技 井上みさき(長崎日大3長崎) 4796点=大会新 女子総合 中村学園女 92点

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top