月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】チェプテゲイ10000m26分11秒00世界新! 女子5000mギデイも世界新


スペイン・バレンシアで行われたNN Valencia World Record Dayで、2つの世界記録が誕生した。

男子10000mでは、5000mの世界記録(12分35秒36)保持者であるジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)が、26分11秒00をマーク。K.ベケレ(エチオピア)が2005年に作った世界記録26分17秒53を15年ぶりに塗り替えた。

チェプテゲイは昨年ドーハ世界選手権10000m優勝の24歳。8月のダイヤモンドリーグ・モナコ大会で5000m世界新を出し、これで、チェプテゲイは5000m、10000mともに今年、「新皇帝」ベケレの記録を破った。

ペースメーカーがついて最初の1000m2分37秒で通過。おおよそ2分37秒ペースで刻み5000mは13分07秒、そこから独走の中で、最後は2分34秒で回った。チェプテゲイは「期待に答えたかったのでうれしい」と話した。

さらに、女子5000mでは、レテセンベト・ギデイ(エチオピア)が14分06秒62の世界新記録を樹立。T.ディババ(エチオピア)の持つ14分11秒15の世界記録を12年ぶりに更新し、女子で初めて14分10秒を切った。「6年間夢見てきた」と喜びを語った。ギデイは昨年ドーハ世界選手権の女子10000mで銀メダルを獲得した22歳。U20の世界クロカンでは2度の優勝経験がある。

この大会はワールドレコードデーと称した1日限りの開催で、男子10000m、女子5000mともにレースはペースメーカーを伴って行われた。

男子10000m通過タイム
1000m2.37.10
2000m5.15.05
3000m7.52.79
4000m10.29.83
5000m13.07.73
6000m15.45.06
7000m18.22.00
8000m20.59.48
9000m23.36.78
10000m26.11.00
※5000mまでペースメーカー、その後チェプテゲイ



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com