HOME 大学

2024.06.04

円盤投・北原博企が日本歴代9位、学生歴代4位の57m24!! 投てきで新潟医療福祉大勢が活躍 上月隆徳は中距離2冠/北信越IC
円盤投・北原博企が日本歴代9位、学生歴代4位の57m24!! 投てきで新潟医療福祉大勢が活躍 上月隆徳は中距離2冠/北信越IC

23年日本インカレ円盤投5位の北原博企

◇第98回北信越インカレ(6月1~2日/富山総合競技場)

北信越インカレが6月1日、2日の両日に行われ、男子円盤投では昨年の日本インカレ5位の北原博企(新潟医療福祉大4)が57m24の日本歴代9位、北信越学生新の好記録で優勝を果たした。

北原は昨年までのベストが54m91。今季は4月の北陸実業団選手権で54m94を投げると、同月28日の新潟市選手権では56m21と記録を伸ばしていた。大会では1投目から53m78を放ち、5回目には54m12をスロー。最終試技となった6回目に学生歴代4位にもランクインする大記録を打ち立てた。

同大学の監督を務める小林志郎氏のベスト記録(57m18)を上回った北原は、チームのSNSで「師匠の記録に到達できたことに嬉しさを感じると共に、まだまだやらなければいけないことも沢山なのでこれからも頑張ります」とコメントした。

大会では今年も新潟医療福祉大の投てき陣が奮起し、男子砲丸投では渡辺豹冴(2年) が16m67、同ハンマー投は佐々木健介(4年)が60m92といずれも大会新で優勝。女子でもエパサカ・テレサ(大学院2年)が61m03と自身の大会記録を塗り替えて制している。

トラックでも女子1500m、5000mで佐藤瑠捺(1年)が2冠を達成した新潟医療福祉大は、総合争いでも男女ともに優勝を果たした。

また、男子1500mを3分53秒92の大会新で優勝した上月隆徳(新潟大M1)は、800mでも1分55秒16で2種目を制したほか、男子5000mでは松林直亮(信州大M1)が14分27秒82と大会記録を更新。他にも男子400mハードルの中松雅貴(金沢大M2)が51秒29、同十種競技の石坂巽海(松本大M1)が6705点で制した。

女子では室路栞(富山大4)が100m11秒87(+2.5)、200m25秒14(+0.2)とスプリント2冠の偉業を達成した。

◇第98回北信越インカレ(6月1~2日/富山総合競技場) 北信越インカレが6月1日、2日の両日に行われ、男子円盤投では昨年の日本インカレ5位の北原博企(新潟医療福祉大4)が57m24の日本歴代9位、北信越学生新の好記録で優勝を果たした。 北原は昨年までのベストが54m91。今季は4月の北陸実業団選手権で54m94を投げると、同月28日の新潟市選手権では56m21と記録を伸ばしていた。大会では1投目から53m78を放ち、5回目には54m12をスロー。最終試技となった6回目に学生歴代4位にもランクインする大記録を打ち立てた。 同大学の監督を務める小林志郎氏のベスト記録(57m18)を上回った北原は、チームのSNSで「師匠の記録に到達できたことに嬉しさを感じると共に、まだまだやらなければいけないことも沢山なのでこれからも頑張ります」とコメントした。 大会では今年も新潟医療福祉大の投てき陣が奮起し、男子砲丸投では渡辺豹冴(2年) が16m67、同ハンマー投は佐々木健介(4年)が60m92といずれも大会新で優勝。女子でもエパサカ・テレサ(大学院2年)が61m03と自身の大会記録を塗り替えて制している。 トラックでも女子1500m、5000mで佐藤瑠捺(1年)が2冠を達成した新潟医療福祉大は、総合争いでも男女ともに優勝を果たした。 また、男子1500mを3分53秒92の大会新で優勝した上月隆徳(新潟大M1)は、800mでも1分55秒16で2種目を制したほか、男子5000mでは松林直亮(信州大M1)が14分27秒82と大会記録を更新。他にも男子400mハードルの中松雅貴(金沢大M2)が51秒29、同十種競技の石坂巽海(松本大M1)が6705点で制した。 女子では室路栞(富山大4)が100m11秒87(+2.5)、200m25秒14(+0.2)とスプリント2冠の偉業を達成した。

男子円盤投日本歴代10傑

62.59 堤雄司(ALSOK群馬)     2020. 3.27 62.52 幸長慎一(四国大AC)   2023. 4. 8 62.16 湯上剛輝(トヨタ自動車)  2018. 6.24 60.22 川崎清貴(大昭和製紙)   1979. 4.22 60.10 畑山茂雄(ゼンリン)    2007. 6. 3 58.53 米沢茂友樹(オリコ)    2017. 6.25 58.36 知念豪(ゼンリン)     2016. 6.26 58.08 山崎祐司(竜ヶ崎一高教)  1986. 4.12 57.24 北原博企(新潟医療福祉大4) 2024. 6. 1 57.18 小林志郎(新潟日報社)   2009. 6.25

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top