HOME 国内

2024.05.23

社会人ルーキーの鈴木芽吹「東京世界陸上を本気で狙っていきたい」 日本選手権は5000m出場へ
社会人ルーキーの鈴木芽吹「東京世界陸上を本気で狙っていきたい」 日本選手権は5000m出場へ

イベントに登壇し、今後への意気込みを語った鈴木芽吹

ナイキは5月23日、東京都内で”ペガサス”シリーズ最新作「ナイキ ペガサス 41」のイベントを開き、5月の日本選手権10000mで男子4位の鈴木芽吹(トヨタ自動車)がトークセッションに臨んだ。

「個人的にはパリ(五輪)も出たかったが、積み上げもないので厳しいと思っています。来年の東京世界陸上を本気で狙っていきたいです」。今後の目標を問われた鈴木は、まっすぐなまなざしで語った。

昨年は出雲駅伝と全日本大学駅伝で優勝した駒大を主将として牽引。今春から実業団入りしたが、引き続き拠点は駒大に置いている。「自分の中で大きな変化はありません」と言い、5月の日本選手権10000mに向けた練習は順調に消化していた。

「自信はありましたが、練習を積めた分、直前の疲労を抜くところでうまくいきませんでした」。レースでは先頭集団に食らいついていたが、残り1000mで脱落し「まだまだやれる感覚をつかめました。この反省を生かして頑張りたいです」と前を向く。

「小学生の頃から走るのが好きで、モチベーションになっています」と笑顔で語った22歳。スピードに磨きをかけ、6月28日の日本選手権5000mに挑む。

ナイキは5月23日、東京都内で”ペガサス”シリーズ最新作「ナイキ ペガサス 41」のイベントを開き、5月の日本選手権10000mで男子4位の鈴木芽吹(トヨタ自動車)がトークセッションに臨んだ。 「個人的にはパリ(五輪)も出たかったが、積み上げもないので厳しいと思っています。来年の東京世界陸上を本気で狙っていきたいです」。今後の目標を問われた鈴木は、まっすぐなまなざしで語った。 昨年は出雲駅伝と全日本大学駅伝で優勝した駒大を主将として牽引。今春から実業団入りしたが、引き続き拠点は駒大に置いている。「自分の中で大きな変化はありません」と言い、5月の日本選手権10000mに向けた練習は順調に消化していた。 「自信はありましたが、練習を積めた分、直前の疲労を抜くところでうまくいきませんでした」。レースでは先頭集団に食らいついていたが、残り1000mで脱落し「まだまだやれる感覚をつかめました。この反省を生かして頑張りたいです」と前を向く。 「小学生の頃から走るのが好きで、モチベーションになっています」と笑顔で語った22歳。スピードに磨きをかけ、6月28日の日本選手権5000mに挑む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top