HOME 国内、大学

2024.05.10

女子10000mサラ・ワンジル大会新 男子400m豊田兼が45秒57!! 男子10000m黒田朝日が27分台/関東IC
女子10000mサラ・ワンジル大会新 男子400m豊田兼が45秒57!! 男子10000m黒田朝日が27分台/関東IC

サラ・ワンジル(大東大)が大会新記録をマークした女子1部10000m

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの1日目が行われ、女子1部10000mでサラ・ワンジル(大東大)が32分02秒87の大会新記録で優勝した。

昨年も5000mと10000mで2冠を果たしているワンジルは序盤から独走。快調にペースを刻んで2位以下に1分20秒以上の大差をつけ、昨年樹立した大会記録を14秒32更新した。高橋葵(城西大)が33分29秒22で日本人トップの2位、日本学生記録(30分45秒21)保持者の不破聖衣来(拓大)は9位だった。

男子1部400m準決勝では、400mハードルでパリ五輪標準を突破している豊田兼(慶大)が学生歴代10位の45秒57をマーク。1着で10日の決勝進出を決めている。

男子10000mの2部はデイビッド・シュンゲヤネイヤイ(麗澤大)が27分41秒11で優勝し、スティーブン・ムチーニ(創価大)27分41秒52が2位。3位に入った黒田朝日(青学大)が初の28分切りとなる27分52秒02をマークし、山中博生(帝京大)が4位に続いた。1部はジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29でトップとなり、平林樹(城西大)が28分03秒13で2位。ヴィクター・キムタイ(城西大)が28分04秒93で3位、溜池一太(中大)が4位だった。

男子1部棒高跳は北田琉偉(日体大)が5m35の自己新記録で優勝し、女子1部走高跳は宗澤ティファニーと八重樫澄佳の筑波大勢がワンツーとなった。男子1部十種競技は1年生の高橋諒(慶大)が3908点のトップで折り返した。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)1日目 関東インカレの1日目が行われ、女子1部10000mでサラ・ワンジル(大東大)が32分02秒87の大会新記録で優勝した。 昨年も5000mと10000mで2冠を果たしているワンジルは序盤から独走。快調にペースを刻んで2位以下に1分20秒以上の大差をつけ、昨年樹立した大会記録を14秒32更新した。高橋葵(城西大)が33分29秒22で日本人トップの2位、日本学生記録(30分45秒21)保持者の不破聖衣来(拓大)は9位だった。 男子1部400m準決勝では、400mハードルでパリ五輪標準を突破している豊田兼(慶大)が学生歴代10位の45秒57をマーク。1着で10日の決勝進出を決めている。 男子10000mの2部はデイビッド・シュンゲヤネイヤイ(麗澤大)が27分41秒11で優勝し、スティーブン・ムチーニ(創価大)27分41秒52が2位。3位に入った黒田朝日(青学大)が初の28分切りとなる27分52秒02をマークし、山中博生(帝京大)が4位に続いた。1部はジェームス・ムトゥク(山梨学大)が28分02秒29でトップとなり、平林樹(城西大)が28分03秒13で2位。ヴィクター・キムタイ(城西大)が28分04秒93で3位、溜池一太(中大)が4位だった。 男子1部棒高跳は北田琉偉(日体大)が5m35の自己新記録で優勝し、女子1部走高跳は宗澤ティファニーと八重樫澄佳の筑波大勢がワンツーとなった。男子1部十種競技は1年生の高橋諒(慶大)が3908点のトップで折り返した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top