HOME 国内、大学

2024.05.03

東農大・前田和摩が衝撃の27分21秒52!!「余計なことを考えずひたすら前を」/日本選手権10000m
東農大・前田和摩が衝撃の27分21秒52!!「余計なことを考えずひたすら前を」/日本選手権10000m

24年日本選手権10000mでU20日本記録を樹立した前田和摩

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

パリ五輪代表選考会となる日本選手権10000mが行われ、男子10000mは葛西潤(旭化成)が日本歴代4位の27分17秒46をマークして優勝した。

3位に入ったのが前田和摩(東農大)の走りに衝撃が走った。ラスト勝負まで葛西に食らいつくと、ラストは太田智樹(トヨタ自動車)にかわされたものの、日本歴代5位、U20日本新、日本人学生最高となる27分21秒52をマーク。今季のU20世界リストトップに立つ圧巻のタイムだった。

当初のエントリーでは出場枠外のウエイティングだったが、棄権者が出たことで出場にこぎつけた前田。「今日は自分の力がどこまで通用するのかというのだけで、がむしゃらに付いていくことだけ考えました」。

佐藤圭汰(駒大)のU20日本記録27分28秒50も「電子ペーサーを目指せば切れる」と頭にはありつつレースを進めた。最後はさすがに「きつくなってきた」と言い「最後までもつかなとも思ったのですが、余計なことを考えずに、ひたすら前を追いかけました」と振り返る。

パリ五輪を目指す特別なトラック25周。「こんなレースは日本でも何人か出られないすごいレース。出させていただけることがありがたいですし、今後の自分にとって大きな経験になったと思います」と初々しいながらも、しっかりとしたまなざしを向ける。

学生の間は「チームを大事に」としつつ、「世界の舞台で走りたい思いもあります」と前田。特大の記録を出してなお、未知なる可能性を感じさせる大器が、鮮烈な“シニアデビュー”を飾った。

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム) パリ五輪代表選考会となる日本選手権10000mが行われ、男子10000mは葛西潤(旭化成)が日本歴代4位の27分17秒46をマークして優勝した。 3位に入ったのが前田和摩(東農大)の走りに衝撃が走った。ラスト勝負まで葛西に食らいつくと、ラストは太田智樹(トヨタ自動車)にかわされたものの、日本歴代5位、U20日本新、日本人学生最高となる27分21秒52をマーク。今季のU20世界リストトップに立つ圧巻のタイムだった。 当初のエントリーでは出場枠外のウエイティングだったが、棄権者が出たことで出場にこぎつけた前田。「今日は自分の力がどこまで通用するのかというのだけで、がむしゃらに付いていくことだけ考えました」。 佐藤圭汰(駒大)のU20日本記録27分28秒50も「電子ペーサーを目指せば切れる」と頭にはありつつレースを進めた。最後はさすがに「きつくなってきた」と言い「最後までもつかなとも思ったのですが、余計なことを考えずに、ひたすら前を追いかけました」と振り返る。 パリ五輪を目指す特別なトラック25周。「こんなレースは日本でも何人か出られないすごいレース。出させていただけることがありがたいですし、今後の自分にとって大きな経験になったと思います」と初々しいながらも、しっかりとしたまなざしを向ける。 学生の間は「チームを大事に」としつつ、「世界の舞台で走りたい思いもあります」と前田。特大の記録を出してなお、未知なる可能性を感じさせる大器が、鮮烈な“シニアデビュー”を飾った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top