HOME 国内

2024.04.28

今春から順大コーチ就任の田中秀幸が日本勢トップ 女子は飛田凜香が5位/ぎふ清流ハーフ
今春から順大コーチ就任の田中秀幸が日本勢トップ 女子は飛田凜香が5位/ぎふ清流ハーフ

田中秀幸(トヨタ自動車)

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン2024は4月28日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターを発着点としたコースで行われ、男子はヒラリー・キプコエチ(ケニア)が1時間1分26秒で、女子はステラ・チェサン(ウガンダ)が1時間7分59秒で、それぞれ初優勝した。

第13回大会(第10回大会は中止)となる今回は、スタート時の気温で20度を超えるという暑さの中でのレースとなった。男子は中盤から海外勢が先頭集団を形成。最後は59分22秒の自己ベストを持つ25歳のキプコエチと前回Vのアモス・クルガト(ケニア、中電工)との争いとなったが、キプコエチが振り切った。

日本勢のトップは1時間2分31秒で6位の田中秀幸(トヨタ自動車)。元日の全日本実業団対抗駅伝で5区区間賞に輝き、チームの優勝に貢献した。この春に母校・順大の長距離コーチに就任し、競技を続けながら学生の指導にも携わっている。

女子は1月の大阪国際女子マラソンで4位に入っているチェサンが、15kmあたりで3連覇を目指したオマレ・ドルフィン・ニャボケ(ケニア、ユニクロ)を振り切り、独走。自己ベストを12秒更新した。日本勢のトップは立命大出身の実業団2年目・飛田凜香(第一生命グループ)が1時間12分06秒で5位に入った。

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン2024は4月28日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターを発着点としたコースで行われ、男子はヒラリー・キプコエチ(ケニア)が1時間1分26秒で、女子はステラ・チェサン(ウガンダ)が1時間7分59秒で、それぞれ初優勝した。 第13回大会(第10回大会は中止)となる今回は、スタート時の気温で20度を超えるという暑さの中でのレースとなった。男子は中盤から海外勢が先頭集団を形成。最後は59分22秒の自己ベストを持つ25歳のキプコエチと前回Vのアモス・クルガト(ケニア、中電工)との争いとなったが、キプコエチが振り切った。 日本勢のトップは1時間2分31秒で6位の田中秀幸(トヨタ自動車)。元日の全日本実業団対抗駅伝で5区区間賞に輝き、チームの優勝に貢献した。この春に母校・順大の長距離コーチに就任し、競技を続けながら学生の指導にも携わっている。 女子は1月の大阪国際女子マラソンで4位に入っているチェサンが、15kmあたりで3連覇を目指したオマレ・ドルフィン・ニャボケ(ケニア、ユニクロ)を振り切り、独走。自己ベストを12秒更新した。日本勢のトップは立命大出身の実業団2年目・飛田凜香(第一生命グループ)が1時間12分06秒で5位に入った。

ぎふ清流ハーフの上位選手をチェック!

●男子 1位 H.キプコエチ(ケニア)1.01.26 2位 A.クルガト(ケニア、中電工)1.01.38 3位 T.キプラガト(ケニア)1.01.55 4位 P.K.ワンブイ(ケニア、NTT西日本)1.01.58 5位 A.マイナ(ケニア、トヨタ自動車九州)1.02.29 6位 田中秀幸(トヨタ自動車)1.02.31 7位 B.キマニ(ケニア、コモディイイダ)1.02.48 8位 S.キッサ(ウガンダ)1.03.07 9位 C.カマウ(ケニア、SGホールディングス)1.03.25 10位 川端千都(SGホールディングス)1.03.26 [adinserter block="4"]●女子 1位 S.チェサン(ウガンダ)1.07.59 2位 O.ドルフィン・ニャボケ(ケニア、ユニクロ)1.08.31 3位 E.チュンバ(バーレーン)1.09.10 4位 G.グレグソン(豪州)1.11.39 5位 飛田凜香(第一生命グループ)1.12.06 6位 清田真央(スズキ)1.12.09 7位 岩出玲亜(デンソー)1.12.46 8位 森田香織(パナソニック)1.13.18 9位 佐藤早也伽(積水化学)1.13.38 10位 加藤綾華(ユニクロ)1.14.30

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top