HOME 国内、日本代表

2024.04.21

女子20㎞W柳井綾音は18位 ブダペスト世界陸上30位からジャンプアップ/世界競歩チーム選手権
女子20㎞W柳井綾音は18位 ブダペスト世界陸上30位からジャンプアップ/世界競歩チーム選手権

立命大の柳井綾音(24年元旦競歩)

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ)

世界競歩チーム選手権が行われ、シニア女子20kmで日本勢ただ1人の出場となった柳井綾音(立命大)は1時間32分52秒で18位だった。

序盤の4㎞あたりまでは先頭集団に食らいつく積極性を見せた柳井。その後は世界のスピードに引き離されたが、1km4分40秒~50秒のペースを守って中間点を45分19秒で通過する。

後半は一時16位に浮上。昨年のブダペスト世界陸上では30位だったが、そこから大きな進歩を見せた。

元日の元旦競歩10kmでは、42分46秒の日本新をマークした岡田久美子(富士通)に次ぐ2位を占め、42分58秒の学生新記録をマーク。2月の日本選手権20kmでは1時間31分25秒で3位に入った。五輪参加標準記録(1時間29分20秒)には届いていないため、パリ五輪代表入りは今後の選考次第だが、20歳の大学3年生にとって、確かな経験を得たことは間違いない。

優勝は1時間27分12秒でキンバリー・ガルシア・レオン(ペルー)がつかみ、一昨年のオレゴン世界陸上(20km、35km2冠)に続くタイトル獲得。ブダペスト世界陸上では20㎞4位、35km2位と頂点を逃しており、その雪辱をパリで果たす準備ができているようだ。

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、シニア女子20kmで日本勢ただ1人の出場となった柳井綾音(立命大)は1時間32分52秒で18位だった。 序盤の4㎞あたりまでは先頭集団に食らいつく積極性を見せた柳井。その後は世界のスピードに引き離されたが、1km4分40秒~50秒のペースを守って中間点を45分19秒で通過する。 後半は一時16位に浮上。昨年のブダペスト世界陸上では30位だったが、そこから大きな進歩を見せた。 元日の元旦競歩10kmでは、42分46秒の日本新をマークした岡田久美子(富士通)に次ぐ2位を占め、42分58秒の学生新記録をマーク。2月の日本選手権20kmでは1時間31分25秒で3位に入った。五輪参加標準記録(1時間29分20秒)には届いていないため、パリ五輪代表入りは今後の選考次第だが、20歳の大学3年生にとって、確かな経験を得たことは間違いない。 優勝は1時間27分12秒でキンバリー・ガルシア・レオン(ペルー)がつかみ、一昨年のオレゴン世界陸上(20km、35km2冠)に続くタイトル獲得。ブダペスト世界陸上では20㎞4位、35km2位と頂点を逃しており、その雪辱をパリで果たす準備ができているようだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top