HOME 国内

2024.04.21

田中希実 1500m4連覇!地元で4分07秒49の快走「満足できない」から感じる成長/兵庫RC
田中希実 1500m4連覇!地元で4分07秒49の快走「満足できない」から感じる成長/兵庫RC

24年兵庫リレーカーニバル1500mを制した田中希実

◇兵庫リレーカーニバル(4月21日/神戸ユニバー記念競技場)

日本グランプリシリーズG2の兵庫リレーカーニバルが行われ、女子1500mは日本記録(3分59秒19)保持者の田中希実(New Balance)が4分07秒49で4連覇を達成した。この記録は21年の東京五輪以降、自身が国内レースで出した最高タイムとなる。

「2周目まではすごく良い状態でいけましたが、最後に上がりきらなかったのが課題」と田中。ペースメーカーを先頭に400m67秒、800m2分14秒で通過すると、残り1周で切り替え、木村友香卜部蘭(ともに積水化学)との差を広げた。

「疲労感があった」という金栗記念でも4分07秒98をマークしており、「以前の小林祐梨子さんの日本記録(4分07秒86)くらいの記録を1人でいつでも出せる状態というのはうれしいです」と表情が和らぐ。また、「以前だったら満足していたと思いますが、今は満足できない」ところに自身の成長も感じているようだ。

紹介されると地元のスターにひときわ大きな拍手が送られた。「プレッシャーというよりは、温かい目線で中学から変わらず『頑張ってね』と見てくださるので、私らしく伸び伸び走るところを見せたいという気持ちを自然に引き出していただける」と“ホーム”で田中らしさを発揮。迷ったとき、苦しいとき、いつも背中を押され、世界への一歩を踏み出せる。

この後は月末に渡米し、ペンリレーで1500mに出場。続いてカタール・ドーハのダイヤモンドリーグで5000mに出場する予定だ。5000mは昨年のブダペスト世界選手権で8位入賞しており、参加標準記録(14分52秒00)を出せば内定。「まだどれくらいのタイムを出せるか予想はつきませんが、1回走ることで1500mの自力も上がる」。

1500mの参加標準記録(4分02秒50)も視野に入り、セイコーゴールデングランプリを経て、ケニア合宿、そして日本選手権へと向かう。

ずっと変わらないレース後の大きな声での「ありがとうございました!」に、また拍手が送られた。きっとパリ五輪への険しい道での追い風になる。

◇兵庫リレーカーニバル(4月21日/神戸ユニバー記念競技場) 日本グランプリシリーズG2の兵庫リレーカーニバルが行われ、女子1500mは日本記録(3分59秒19)保持者の田中希実(New Balance)が4分07秒49で4連覇を達成した。この記録は21年の東京五輪以降、自身が国内レースで出した最高タイムとなる。 「2周目まではすごく良い状態でいけましたが、最後に上がりきらなかったのが課題」と田中。ペースメーカーを先頭に400m67秒、800m2分14秒で通過すると、残り1周で切り替え、木村友香、卜部蘭(ともに積水化学)との差を広げた。 「疲労感があった」という金栗記念でも4分07秒98をマークしており、「以前の小林祐梨子さんの日本記録(4分07秒86)くらいの記録を1人でいつでも出せる状態というのはうれしいです」と表情が和らぐ。また、「以前だったら満足していたと思いますが、今は満足できない」ところに自身の成長も感じているようだ。 紹介されると地元のスターにひときわ大きな拍手が送られた。「プレッシャーというよりは、温かい目線で中学から変わらず『頑張ってね』と見てくださるので、私らしく伸び伸び走るところを見せたいという気持ちを自然に引き出していただける」と“ホーム”で田中らしさを発揮。迷ったとき、苦しいとき、いつも背中を押され、世界への一歩を踏み出せる。 この後は月末に渡米し、ペンリレーで1500mに出場。続いてカタール・ドーハのダイヤモンドリーグで5000mに出場する予定だ。5000mは昨年のブダペスト世界選手権で8位入賞しており、参加標準記録(14分52秒00)を出せば内定。「まだどれくらいのタイムを出せるか予想はつきませんが、1回走ることで1500mの自力も上がる」。 1500mの参加標準記録(4分02秒50)も視野に入り、セイコーゴールデングランプリを経て、ケニア合宿、そして日本選手権へと向かう。 ずっと変わらないレース後の大きな声での「ありがとうございました!」に、また拍手が送られた。きっとパリ五輪への険しい道での追い風になる。

【動画】田中希実4分07秒49の快走!地元・兵庫で1500m優勝レース&インタビュー

https://youtu.be/gAuTDfYPGyQ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top