HOME 海外

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン
男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

23年東京マラソンに出場したレンマ

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。

33歳のレンマは昨年12月のバレンシアで世界歴代4位の2時間1分48秒をマークおり、ワールドマラソンメジャーズ(WMM)では今回が初制覇となった。

レースでは5kmを14分21秒で通過した後、10kmまでの5kmを14分07秒と一気にペースアップ。独走状態に持ち込むと、ハーフは1時間0分19秒と2位集団に1分49秒差がついていた。後半の急激な上り坂でペースを落としてフィニッシュタイムは平凡なものとなったが、2時間6分58秒で2位となったM.エサ(エチオピア)の追い上げをしのいだ。

ボストンマラソンは勝負所となる30km付近に高低差約55mの「心臓破りの丘」と呼ばれる坂があり、難コースとしても知られる。4年に1度の五輪イヤーにはコースによる負担を避けて有力選手が回避する傾向にあるが、レンマはインタビューで「ボストンでのレースを選んだのはパリ五輪のコースと似ているから」と語り、今夏のパリ五輪出場に向けて意欲を見せている。

女子のオビリは前回大会に続く優勝。今夏のパリ五輪のケニア代表の最終候補6選手に選出されており、「五輪(代表)に選ばれることを本当に願っている」と話した。2位はS.ロケディ(ケニア)の2時間22分45秒、3位には44歳のE.キプラガト(ケニア)が2時間23分21秒でフィニッシュしている。

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 33歳のレンマは昨年12月のバレンシアで世界歴代4位の2時間1分48秒をマークおり、ワールドマラソンメジャーズ(WMM)では今回が初制覇となった。 レースでは5kmを14分21秒で通過した後、10kmまでの5kmを14分07秒と一気にペースアップ。独走状態に持ち込むと、ハーフは1時間0分19秒と2位集団に1分49秒差がついていた。後半の急激な上り坂でペースを落としてフィニッシュタイムは平凡なものとなったが、2時間6分58秒で2位となったM.エサ(エチオピア)の追い上げをしのいだ。 ボストンマラソンは勝負所となる30km付近に高低差約55mの「心臓破りの丘」と呼ばれる坂があり、難コースとしても知られる。4年に1度の五輪イヤーにはコースによる負担を避けて有力選手が回避する傾向にあるが、レンマはインタビューで「ボストンでのレースを選んだのはパリ五輪のコースと似ているから」と語り、今夏のパリ五輪出場に向けて意欲を見せている。 女子のオビリは前回大会に続く優勝。今夏のパリ五輪のケニア代表の最終候補6選手に選出されており、「五輪(代表)に選ばれることを本当に願っている」と話した。2位はS.ロケディ(ケニア)の2時間22分45秒、3位には44歳のE.キプラガト(ケニア)が2時間23分21秒でフィニッシュしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top