HOME 国内、日本代表、五輪
パリ五輪マラソン補欠の川内優輝 左ハムストリングス痛から坐骨神経痛発症「リハビリを頑張ります」
パリ五輪マラソン補欠の川内優輝 左ハムストリングス痛から坐骨神経痛発症「リハビリを頑張ります」

MGC男子で4位に入った川内優輝

パリ五輪マラソン補欠代表に選ばれている川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)が自身のSNSを更新し、坐骨神経痛であることを明かした。

今年に入ってから左臀部の痛みによりコンディションを崩していた川内。この日、JISS(国立科学スポーツセンター)でMRIを撮影して検査したところ、「左ハムストリング起始部腱損傷」による炎症が原因での坐骨神経痛であることが判明したと綴った。

川内は「3ヵ月間、治療の方向性がわからずに迷走していましたが、ようやく原因が判明しました。これからリハビリを頑張ります」とコメントしている。

川内は世界選手権で11年テグ、13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハと4大会で代表入り。昨年のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では4位に入り、3月13日に補欠に決まった。補欠登録選手は各種目のファイナルコンファメーション提出期限まで、疾病や負傷等の理由に限って代表選手との交替が可能となっている。

パリ五輪マラソン補欠代表に選ばれている川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)が自身のSNSを更新し、坐骨神経痛であることを明かした。 今年に入ってから左臀部の痛みによりコンディションを崩していた川内。この日、JISS(国立科学スポーツセンター)でMRIを撮影して検査したところ、「左ハムストリング起始部腱損傷」による炎症が原因での坐骨神経痛であることが判明したと綴った。 川内は「3ヵ月間、治療の方向性がわからずに迷走していましたが、ようやく原因が判明しました。これからリハビリを頑張ります」とコメントしている。 川内は世界選手権で11年テグ、13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハと4大会で代表入り。昨年のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では4位に入り、3月13日に補欠に決まった。補欠登録選手は各種目のファイナルコンファメーション提出期限まで、疾病や負傷等の理由に限って代表選手との交替が可能となっている。

【画像】自身のケガの具合を撮影したMRIの画像を公開する川内優輝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top