HOME 駅伝、大学

2024.04.07

東洋大・西村真周が5000m大会新VでMVP! 3000mは小林亮太がトップ/関東私学七大学対校
東洋大・西村真周が5000m大会新VでMVP! 3000mは小林亮太がトップ/関東私学七大学対校

24年箱根駅伝で6区を務めた西村真周

第20回関東私学七大学対校が4月7日、埼玉県三郷市のセナリオハウスフィールド三郷で行われ、男子5000mは西村真周(東洋大)が13分50秒46の大会新記録で制した。ケニア人留学生のスティーブン・レマイヤン(駿河台大)を抑えての優勝で、大会MVPにも選ばれた。城西大が総合3連覇を果たした。

西村は福岡県出身の大学3年生。今年の箱根駅伝では6区を走り区間8位と力走を見せている。レースではレマイヤンが引っ張るペースに徐々に先頭集団が絞られるなか、平林樹(城西大)ととも食らいつくと、残り300mで一気にスパートを仕掛けてトップでフィニッシュ。高校時代に出した自己記録(13分55秒92)も3年ぶりに更新した。

男子3000mでは小林亮太(東洋大)が8分00秒89でトップ。斎藤将也(城西大)が8分02秒27、小田恭平(大東大)が0.50秒差で続き、いずれも大東大の留学生ピーター・ワンジルを上回った。また、5位には石田洸介(東洋大)が入っている。

大会には城西大、東洋大、大東大、駿河台大、東京国際大、上武大、平成国際大の学生駅伝常連校が参加している。

第20回関東私学七大学対校が4月7日、埼玉県三郷市のセナリオハウスフィールド三郷で行われ、男子5000mは西村真周(東洋大)が13分50秒46の大会新記録で制した。ケニア人留学生のスティーブン・レマイヤン(駿河台大)を抑えての優勝で、大会MVPにも選ばれた。城西大が総合3連覇を果たした。 西村は福岡県出身の大学3年生。今年の箱根駅伝では6区を走り区間8位と力走を見せている。レースではレマイヤンが引っ張るペースに徐々に先頭集団が絞られるなか、平林樹(城西大)ととも食らいつくと、残り300mで一気にスパートを仕掛けてトップでフィニッシュ。高校時代に出した自己記録(13分55秒92)も3年ぶりに更新した。 男子3000mでは小林亮太(東洋大)が8分00秒89でトップ。斎藤将也(城西大)が8分02秒27、小田恭平(大東大)が0.50秒差で続き、いずれも大東大の留学生ピーター・ワンジルを上回った。また、5位には石田洸介(東洋大)が入っている。 大会には城西大、東洋大、大東大、駿河台大、東京国際大、上武大、平成国際大の学生駅伝常連校が参加している。

【動画】男子5000mで優勝した西村の走りをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top