HOME 国内、大学

2024.04.05

永原颯磨が順大入学!「成長につなげられるように」 3000m障害高校記録のダイヤモンドアスリート
永原颯磨が順大入学!「成長につなげられるように」 3000m障害高校記録のダイヤモンドアスリート

順大の入学式に参加した永原颯磨

順大の入学式が4月5日に都内で開かれ、男子3000m障害で8分32秒12の高校記録を持つ永原颯磨(長野・佐久長聖高)らが出席し、新しく始まる大学生活への気持ちを新たにした。

スーツにネクタイを巻いて参加した永原は、「わくわくしている気持ちと反面、うまくやっていけるのかなという不安はあります。課題をしっかりと見極めて、自分自身の大きな成長につなげられるようにしっかりと頑張っていきたいです」と決意を口にした。

永原は佐久長聖高2年時に3000m障害でインターハイ2位。昨年6月の北信越高校総体予選で8分36秒06をマークし、2021年東京五輪7位の三浦龍司(洛南、現・SUBARU)の高校記録(8分39秒37)を塗り替えた。優勝した8月のインターハイでは8分32秒12秒と、さらに記録を更新し、11月には日本陸連の第10期ダイヤモンドアスリートに認定されていた。

順大は3000m障害で2016年リオデジャネイロ五輪代表の塩尻和也(現・富士通)と三浦が、現役学生として五輪の舞台に立っている。「五輪で活躍するような選手が出ているの大学でもあるので、その環境で自分も成長していきたい気持ちがありました」と順大を選んだ理由を明かした。

既に入寮してチームの練習には合流。高校時代よりも自らに使える時間が増えたと感じ、「ケアやリラックスする時間を作れるので、その時間の過ごし方で大きく変わってくるのではないかと思いました」と話した。

4月6日の順大競技会を経て、今季の3000m障害初戦は4月21日の兵庫リレーカーニバルとなる予定。「世界と戦っていくことを(4年間の)最大の目標にしているので、まずはそれに一歩でも近づいていけるようにしたい。(今季は)日本のトップレベルで競い合っていく、まずはその部分を大事にしてやっていきたいです」と力を込めた。

長距離ブロックには昨年のインターハイで男子1500mを制した谷本昂士郎(福岡・大牟田高)、1月の都道府県対抗男子駅伝1区区間賞の川原琉人(長崎・五島南高)や10000mで28分40秒90を持つ玉目陸(鹿児島・出水中央高)ら力のある新入生がそろう。谷本は「まずはインカレに出場して入賞できるように、練習していきたい。トラックシーズンで磨いたスピードを駅伝につなげていけるようにしたいです」と話し、トラックシーズンは1500mを主戦場にする考えだ。

長距離以外では、2022年のインターハイ男子走高跳優勝の川﨑俊祐(兵庫・市尼崎高)、同年のU18大会で男子やり投Vの谷口大翔(滋賀・彦根翔西館高)らが入学。昨年はともにケガに苦しんだシーズンを送っており、左足首にまだ痛みが残るという川﨑は「去年は悔しいシーズンでした。まずはケガを治してから練習を重ねていきたいです」と、地道に取り組んでいく。

順大の入学式が4月5日に都内で開かれ、男子3000m障害で8分32秒12の高校記録を持つ永原颯磨(長野・佐久長聖高)らが出席し、新しく始まる大学生活への気持ちを新たにした。 スーツにネクタイを巻いて参加した永原は、「わくわくしている気持ちと反面、うまくやっていけるのかなという不安はあります。課題をしっかりと見極めて、自分自身の大きな成長につなげられるようにしっかりと頑張っていきたいです」と決意を口にした。 永原は佐久長聖高2年時に3000m障害でインターハイ2位。昨年6月の北信越高校総体予選で8分36秒06をマークし、2021年東京五輪7位の三浦龍司(洛南、現・SUBARU)の高校記録(8分39秒37)を塗り替えた。優勝した8月のインターハイでは8分32秒12秒と、さらに記録を更新し、11月には日本陸連の第10期ダイヤモンドアスリートに認定されていた。 順大は3000m障害で2016年リオデジャネイロ五輪代表の塩尻和也(現・富士通)と三浦が、現役学生として五輪の舞台に立っている。「五輪で活躍するような選手が出ているの大学でもあるので、その環境で自分も成長していきたい気持ちがありました」と順大を選んだ理由を明かした。 既に入寮してチームの練習には合流。高校時代よりも自らに使える時間が増えたと感じ、「ケアやリラックスする時間を作れるので、その時間の過ごし方で大きく変わってくるのではないかと思いました」と話した。 4月6日の順大競技会を経て、今季の3000m障害初戦は4月21日の兵庫リレーカーニバルとなる予定。「世界と戦っていくことを(4年間の)最大の目標にしているので、まずはそれに一歩でも近づいていけるようにしたい。(今季は)日本のトップレベルで競い合っていく、まずはその部分を大事にしてやっていきたいです」と力を込めた。 長距離ブロックには昨年のインターハイで男子1500mを制した谷本昂士郎(福岡・大牟田高)、1月の都道府県対抗男子駅伝1区区間賞の川原琉人(長崎・五島南高)や10000mで28分40秒90を持つ玉目陸(鹿児島・出水中央高)ら力のある新入生がそろう。谷本は「まずはインカレに出場して入賞できるように、練習していきたい。トラックシーズンで磨いたスピードを駅伝につなげていけるようにしたいです」と話し、トラックシーズンは1500mを主戦場にする考えだ。 長距離以外では、2022年のインターハイ男子走高跳優勝の川﨑俊祐(兵庫・市尼崎高)、同年のU18大会で男子やり投Vの谷口大翔(滋賀・彦根翔西館高)らが入学。昨年はともにケガに苦しんだシーズンを送っており、左足首にまだ痛みが残るという川﨑は「去年は悔しいシーズンでした。まずはケガを治してから練習を重ねていきたいです」と、地道に取り組んでいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top