HOME 駅伝、大学、高校

2024.03.30

早大・伊藤大志が3000m7分58秒64の自己新 佐久長聖・山口竣平は高校歴代8位の8分03秒80
早大・伊藤大志が3000m7分58秒64の自己新 佐久長聖・山口竣平は高校歴代8位の8分03秒80

23年関東インカレ5000m5位の伊藤大志

3月30日、埼玉県所沢市の早大・織田幹雄記念競技場でTOKOROZAWAゲームズ2024の1日目が行われ、男子3000m5組で伊藤大志(早大)が7分58秒64の自己新をマークした。

大会には早大のほか、城西大や創価大、東京国際大の選手が多数出場。最終組となった5組ではヴィクター・キムタイ(城西大)がペースメーカーを務め、各校の主力級が顔をそろえた。

広告の下にコンテンツが続きます

レースはキムタイが7分53秒75で1着。伊藤がこれまでの自己記録(8分12秒45)を13秒以上回り、3着の平林樹(城西大)も7分59秒18までが7分台に突入した。4着の小池莉希(創価大)も8分01秒42も自己記録を塗り替えている。

また、5着の山口竣平(佐久長聖高・長野)は8分03秒80の高校歴代8位をマーク。山口は昨年の全国高校駅伝では3区区間3位(日本人1位)、1月の都道府県対抗駅伝では5区区間賞でともにチームの優勝に貢献と、駅伝で抜群の結果を残した。4月からは早大に進むことが決まっており、春からは臙脂のユニフォームでさらなる活躍を目指す。

3月30日、埼玉県所沢市の早大・織田幹雄記念競技場でTOKOROZAWAゲームズ2024の1日目が行われ、男子3000m5組で伊藤大志(早大)が7分58秒64の自己新をマークした。 大会には早大のほか、城西大や創価大、東京国際大の選手が多数出場。最終組となった5組ではヴィクター・キムタイ(城西大)がペースメーカーを務め、各校の主力級が顔をそろえた。 レースはキムタイが7分53秒75で1着。伊藤がこれまでの自己記録(8分12秒45)を13秒以上回り、3着の平林樹(城西大)も7分59秒18までが7分台に突入した。4着の小池莉希(創価大)も8分01秒42も自己記録を塗り替えている。 また、5着の山口竣平(佐久長聖高・長野)は8分03秒80の高校歴代8位をマーク。山口は昨年の全国高校駅伝では3区区間3位(日本人1位)、1月の都道府県対抗駅伝では5区区間賞でともにチームの優勝に貢献と、駅伝で抜群の結果を残した。4月からは早大に進むことが決まっており、春からは臙脂のユニフォームでさらなる活躍を目指す。

男子3000m高校歴代10傑をチェック

7.50.81 佐藤圭汰(洛南3京都)    2021.11.21 7.58.18 吉岡大翔(佐久長聖3+長野)  2023. 3.25 7.59.18 遠藤日向(学法石川3福島)  2016.10.16 8.00.13 折田壮太(須磨学園3+長野)  2024. 3.16 8.01.26 鈴木琉胤(八千代松陰1千葉) 2022.10.10 8.02.52 永原颯磨(佐久長聖3長野)  2023. 6. 4 8.03.80 山口竣平(佐久長聖3+長野)  2024. 3.30 8.03.16 谷本昂士郎(大牟田3福岡)  2023. 7. 1 8.04.46 池間凛斗(小林3宮崎)    2023. 7. 1 8.04.86 大野聖登(秋田工3+秋田)   2023. 3.24

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

田中希実、秦澄美鈴が貫禄勝ち 男子走幅跳は山浦がV 女子3000m障害・齋藤が好記録/兵庫RC

◇兵庫リレーカーニバル(4月21日/神戸ユニバー記念競技場) 日本グランプリシリーズG2の兵庫リレーカーニバルが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 女子1500mは地元出身の田中希実(New Balance)が躍 […]

NEWS マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、男女20km、U20男女10km、そして初実施の男女混合マラソンリレーの5種目で日本が世界に挑んだ。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top