HOME 国内、海外

2024.03.03

ケベデが37km過ぎのスパートで栄冠!世界歴代8位2時間15分55秒で五輪アピール「出場でできれば五輪記録で優勝したい」/東京マラソン
ケベデが37km過ぎのスパートで栄冠!世界歴代8位2時間15分55秒で五輪アピール「出場でできれば五輪記録で優勝したい」/東京マラソン

世界歴代8位のタイムで優勝したケベデ(中央)

女子マラソン世界歴代10傑

(2024年3月3日時点)
2.11.53  T.アセファ(エチオピア)  2023. 9.24
2.13.44  S.ハッサン(オランダ)   2023.10. 8
2.14.04  B.コスゲイ(ケニア)    2019.10.13
2.14.18  R.チェプンゲティチ(ケニア)2022.10. 9
2.14.58  A.ベリソ(エチオピア)   2022.12. 4
2.15.25  P.ラドクリフ(英国)    2003. 4.13
2.15.51  W.デゲファ(エチオピア)  2023.12. 3
2.15.55  S.ケベデ(エチオピア)   2024. 3. 4
2.16.07  T.ケテマ(エチオピア)   2024. 1. 7
2.16.14  R.ワンジル(ケニア)    2024. 3. 4

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前) アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、女子は海外招待のストゥメ・アセファ・ケベデ(エチオピア)が世界歴代8位の2時間15分55秒で優勝した。 序盤から5km16分ペースでレースを展開。25km過ぎで世界歴代2位の記録を持つシファン・ハッサン(オランダ)が遅れ、ケベデ、前回覇者のローズマリー・ワンジル(ケニア)、アマネ・ベリソ・シャンクレ(エチオピア)との争いとなった。 そこから仕掛けたのが37km過ぎ。「できる限りのスピードを出すことを目指して」ライバルを突き放した。 2022年のソウルで出した自己ベスト2時間18分12秒を大幅に更新し、「神様のお陰でこの記録を出せて、とてもうししい」と笑顔で振り返った。 中間点の通過時点では「1時間8分台だったので、2時間16分台かそれ以上かかると思った」が、「思った以上のタイムが出せた」とケベデ。夫のウルハヌ・マコンヌ・コーチに「常に、私の気持ちを聞いてトレーニングを組んでくれる。この大会に向けて集中してトレーニング支えてくれた」と感謝する。 同じエチオピアのティギスト・アセファが昨年出した2時間11分53秒の世界記録に対して、「しっかりと練習し、健康であれば、この記録を破れるかもしれません」と力強く語るケベデは、「出場できれば五輪記録で優勝したい」と初の五輪へ大きくアピールした。

女子マラソン世界歴代10傑

(2024年3月3日時点) 2.11.53  T.アセファ(エチオピア)  2023. 9.24 2.13.44  S.ハッサン(オランダ)   2023.10. 8 2.14.04  B.コスゲイ(ケニア)    2019.10.13 2.14.18  R.チェプンゲティチ(ケニア)2022.10. 9 2.14.58  A.ベリソ(エチオピア)   2022.12. 4 2.15.25  P.ラドクリフ(英国)    2003. 4.13 2.15.51  W.デゲファ(エチオピア)  2023.12. 3 2.15.55  S.ケベデ(エチオピア)   2024. 3. 4 2.16.07  T.ケテマ(エチオピア)   2024. 1. 7 2.16.14  R.ワンジル(ケニア)    2024. 3. 4

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top