HOME 国内、大学

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン
衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

國學院大の平林清澄(左)と前田康弘監督

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

前田康弘監督は、「夏から、このマラソンに向けての準備をしてきた。努力をしてきましたから」と教え子の快走を称えた。

大学入学後から、自然と視野に入ってきたのがマラソン。ただ、昨年のこの大会も出場を目指していたものの、ケガの影響で断念している。「昨年、もし出ていたとしても2時間10分台ぐらい。そこから一回りも二回りも強くなりました」と、今大会に向けた平林の取り組みの成果を強調した。

168cm、44kgの「軽量ボディ」(前田監督)ながら、軽やかな、大きな走りは「彼の武器。アフリカ出身選手のようなイメージがあります」。日頃から股関節を中心に大きな動きの可動域を大きさを確保しつつ、バランスを整えるトレーニングを取り入れ、「筋力というよりは、しなやかな走り」を目指してきた。

性格面では「シンプルだし、妥協しない。『今日はこれぐらいでいいかな』ということはありません」。前田監督が練習に対する向き合い方の例として、母校・駒大を挙げ、前田監督の1学年先輩にあたる藤田敦史監督が、大八木弘明総監督とともにマラソンを目指した学生時代の頃と重ね合わせる。「競技、練習に対する向き合い方はめちゃくちゃ似ています。こちらは止めることが仕事」と言うほどで、ベースを作る昨年8月には月間1200kmを走りこんだという。

広告の下にコンテンツが続きます

細身ながら、食が細いわけではなく「むしろよく食べますが、それでも太らない」。また、「心拍も強い」。マラソンランナーとしての素質と、それを開花させるために努力を惜しまない強い意志。それが、初マラソンでの快挙につながった。

今後は、さらなる上のステージに目を向ける。4月後半には上海ハーフに出場予定。「海外のレースは食事などを含めて条件が変わってきます。それを早めに経験させたい」と前田監督は、その意図を説明した。

パリ五輪の代表選考が懸かったレースながら、平林自身はそれに該当しておらず、「気持ち的にはかなり楽に臨める立場」だった。今後の課題は、「勝負のレースで力を見せて、勝ち切れるか」。

卒業後は実業団での競技継続を考えているが、「彼もそれを望んでくれた」と國學院大を拠点にする予定だ。「世界の大舞台を目指して準備していきたい」と前田監督。二人三脚で、4年後のロサンゼルス五輪に向かって新たな一歩を踏み出す。

広告の下にコンテンツが続きます
◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。 前田康弘監督は、「夏から、このマラソンに向けての準備をしてきた。努力をしてきましたから」と教え子の快走を称えた。 大学入学後から、自然と視野に入ってきたのがマラソン。ただ、昨年のこの大会も出場を目指していたものの、ケガの影響で断念している。「昨年、もし出ていたとしても2時間10分台ぐらい。そこから一回りも二回りも強くなりました」と、今大会に向けた平林の取り組みの成果を強調した。 168cm、44kgの「軽量ボディ」(前田監督)ながら、軽やかな、大きな走りは「彼の武器。アフリカ出身選手のようなイメージがあります」。日頃から股関節を中心に大きな動きの可動域を大きさを確保しつつ、バランスを整えるトレーニングを取り入れ、「筋力というよりは、しなやかな走り」を目指してきた。 性格面では「シンプルだし、妥協しない。『今日はこれぐらいでいいかな』ということはありません」。前田監督が練習に対する向き合い方の例として、母校・駒大を挙げ、前田監督の1学年先輩にあたる藤田敦史監督が、大八木弘明総監督とともにマラソンを目指した学生時代の頃と重ね合わせる。「競技、練習に対する向き合い方はめちゃくちゃ似ています。こちらは止めることが仕事」と言うほどで、ベースを作る昨年8月には月間1200kmを走りこんだという。 細身ながら、食が細いわけではなく「むしろよく食べますが、それでも太らない」。また、「心拍も強い」。マラソンランナーとしての素質と、それを開花させるために努力を惜しまない強い意志。それが、初マラソンでの快挙につながった。 今後は、さらなる上のステージに目を向ける。4月後半には上海ハーフに出場予定。「海外のレースは食事などを含めて条件が変わってきます。それを早めに経験させたい」と前田監督は、その意図を説明した。 パリ五輪の代表選考が懸かったレースながら、平林自身はそれに該当しておらず、「気持ち的にはかなり楽に臨める立場」だった。今後の課題は、「勝負のレースで力を見せて、勝ち切れるか」。 卒業後は実業団での競技継続を考えているが、「彼もそれを望んでくれた」と國學院大を拠点にする予定だ。「世界の大舞台を目指して準備していきたい」と前田監督。二人三脚で、4年後のロサンゼルス五輪に向かって新たな一歩を踏み出す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top