HOME 国内

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン
“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

現役ラストランとなった今井正人(トヨタ自動車九州)(24年日本選手権クロカン)

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)

世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10km)は山口智規(早大)が29分16秒で優勝した。最後は早大の先輩である井川龍人(旭化成)との壮絶なデッドヒートを同タイムながら制した。

広告の下にコンテンツが続きます

そのトップ争いからは遅れたが、大歓声を浴びながら今井正人(トヨタ自動車九州)が最後の直線に帰ってきた。両手を広げ、万感の表情でフィニッシュ。そして、くるりとフィニッシュ地点に向き直り、「みなさんへの感謝の気持ち」を込めて深々と一礼した。

31分19秒で44位と「名残惜しくてだいぶ長く走ってしまいましたが」と苦笑いをしつつ、少し言葉を詰まらせながら「みなさんの声援が途切れることなく背中を押してくれた。これだけの応援の中で走れたので、こんなに幸せなことはありません」と振り返った。

福島・小高町(現・南相馬市)出身の39歳。華やかな結果と、苦しい道のりと紆余曲折ありながら、この日のように多くのファンから声援を受け続けたランナーだった。

小学生の頃から野球少年だったが、小・中学時代では野球部に所属しながら駅伝で活躍し、都道府県対抗男子駅伝にも出場した。

広告の下にコンテンツが続きます

原町高に進学して本格的に陸上部へ。2年時には世界ユース選手権3000mに出場すると、都道府県対抗駅伝を5区区間新と快走を見せた。3年時のインターハイ5000mでは日本人2番手の5位と華々しい成績を残す。

順大に進学後、箱根駅伝では1年時に2区を務めて区間10位。2年目からは3年連続で5区を務めて区間賞を獲得し、3年時に往路優勝、主将を務めた4年目は総合優勝に貢献した。3年連続で金栗杯を獲得し、実況アナウンサーから“山の神”と称され、その後、箱根5区で快走する選手の称号ともなっている。

卒業後は目標だったマラソンに挑戦し、2015年の東京マラソンで日本人トップを飾り同年の北京世界選手権代表に選出された。大会直前に髄膜炎と診断され無念の欠場。2019年、23年には五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)に出場している。マラソンの自己記録は2時間7分39秒(15年東京)。

2月21日にこの大会を現役ラストレースにすることを発表してから、「たくさんの人からメッセージや連絡をもらい、本当に最後なんだなと実感してきた」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

ラストレースを終え、「山あり谷ありの、谷のほうが多かったけど、そのたびに成長させてもらいまいたし、たくさんのことを経験させてもらった。充実した24年間だったなと思います」。そう振り返り、最後は涙をこらえきれなかった。

今後は、指導者の道を歩む予定。「指導とか、伝えるというよりは、しっかり寄り添いながら、伴走者として一緒に考えて一緒に悩んで、一緒に悔しがれる存在になれればと思っています」と新たな一歩への思いを語った。

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10km)は山口智規(早大)が29分16秒で優勝した。最後は早大の先輩である井川龍人(旭化成)との壮絶なデッドヒートを同タイムながら制した。 そのトップ争いからは遅れたが、大歓声を浴びながら今井正人(トヨタ自動車九州)が最後の直線に帰ってきた。両手を広げ、万感の表情でフィニッシュ。そして、くるりとフィニッシュ地点に向き直り、「みなさんへの感謝の気持ち」を込めて深々と一礼した。 31分19秒で44位と「名残惜しくてだいぶ長く走ってしまいましたが」と苦笑いをしつつ、少し言葉を詰まらせながら「みなさんの声援が途切れることなく背中を押してくれた。これだけの応援の中で走れたので、こんなに幸せなことはありません」と振り返った。 福島・小高町(現・南相馬市)出身の39歳。華やかな結果と、苦しい道のりと紆余曲折ありながら、この日のように多くのファンから声援を受け続けたランナーだった。 小学生の頃から野球少年だったが、小・中学時代では野球部に所属しながら駅伝で活躍し、都道府県対抗男子駅伝にも出場した。 原町高に進学して本格的に陸上部へ。2年時には世界ユース選手権3000mに出場すると、都道府県対抗駅伝を5区区間新と快走を見せた。3年時のインターハイ5000mでは日本人2番手の5位と華々しい成績を残す。 順大に進学後、箱根駅伝では1年時に2区を務めて区間10位。2年目からは3年連続で5区を務めて区間賞を獲得し、3年時に往路優勝、主将を務めた4年目は総合優勝に貢献した。3年連続で金栗杯を獲得し、実況アナウンサーから“山の神”と称され、その後、箱根5区で快走する選手の称号ともなっている。 卒業後は目標だったマラソンに挑戦し、2015年の東京マラソンで日本人トップを飾り同年の北京世界選手権代表に選出された。大会直前に髄膜炎と診断され無念の欠場。2019年、23年には五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)に出場している。マラソンの自己記録は2時間7分39秒(15年東京)。 2月21日にこの大会を現役ラストレースにすることを発表してから、「たくさんの人からメッセージや連絡をもらい、本当に最後なんだなと実感してきた」と言う。 ラストレースを終え、「山あり谷ありの、谷のほうが多かったけど、そのたびに成長させてもらいまいたし、たくさんのことを経験させてもらった。充実した24年間だったなと思います」。そう振り返り、最後は涙をこらえきれなかった。 今後は、指導者の道を歩む予定。「指導とか、伝えるというよりは、しっかり寄り添いながら、伴走者として一緒に考えて一緒に悩んで、一緒に悔しがれる存在になれればと思っています」と新たな一歩への思いを語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top