HOME 国内、高校

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎
山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

予選で11秒77の室内日本最高記録を出した山形愛羽

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅)

国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レースが行われるJapan Athlete Games in Osakiが行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

女子100mは山形愛羽(熊本中央高3)が圧巻の走りを披露。予選で11秒77と、「あこがれ」だという鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が持つ室内日本最高記録の11秒80を塗り替えると、決勝はタイムを落としたものの11秒81で完勝した。

「11秒7台を出せたのですが、決勝は11秒6台まで上げたかったので80点くらい」と山形。それでも、記録会を控えるものの、高校卒業前のラストレースで「自分の走りがちゃんとできたので良かったです。良い締めくくりになりました」と笑顔が弾けた。

冬はケガなく順調に消化。「スタートで大きく動く意識」で課題だった前半でも手応えをつかんだ。しかし、「中間の加速でつなげられていない」と、新たな課題も見つかった。それもこれからの伸びしろだ。

昨年はインターハイ100mと200mの2冠。国体でも100mと300mを制し、念願だったタイトルを手にした。記録面でも100mで高校歴代2位&U20日本歴代4位の11秒50をマーク。充実のシーズンを送った。

広告の下にコンテンツが続きます

春からは名門・福岡大へ進む。卒業後も拠点としている兒玉芽生(ミズノ)ら、心強い先輩たちの背中を追う。

「100mで11秒4台、200mも高2から自己ベスト(23秒88)を更新できていないので23秒台を出したい。日本選手権で2種目とも決勝に残ってメダルを取りたいです。パリ五輪もリレーで狙える位置にいると思うので、しっかり走りたい」

その大きな瞳に映る大きな夢を、新たな環境で一つずつ叶えていく。

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レースが行われるJapan Athlete Games in Osakiが行われた。 女子100mは山形愛羽(熊本中央高3)が圧巻の走りを披露。予選で11秒77と、「あこがれ」だという鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が持つ室内日本最高記録の11秒80を塗り替えると、決勝はタイムを落としたものの11秒81で完勝した。 「11秒7台を出せたのですが、決勝は11秒6台まで上げたかったので80点くらい」と山形。それでも、記録会を控えるものの、高校卒業前のラストレースで「自分の走りがちゃんとできたので良かったです。良い締めくくりになりました」と笑顔が弾けた。 冬はケガなく順調に消化。「スタートで大きく動く意識」で課題だった前半でも手応えをつかんだ。しかし、「中間の加速でつなげられていない」と、新たな課題も見つかった。それもこれからの伸びしろだ。 昨年はインターハイ100mと200mの2冠。国体でも100mと300mを制し、念願だったタイトルを手にした。記録面でも100mで高校歴代2位&U20日本歴代4位の11秒50をマーク。充実のシーズンを送った。 春からは名門・福岡大へ進む。卒業後も拠点としている兒玉芽生(ミズノ)ら、心強い先輩たちの背中を追う。 「100mで11秒4台、200mも高2から自己ベスト(23秒88)を更新できていないので23秒台を出したい。日本選手権で2種目とも決勝に残ってメダルを取りたいです。パリ五輪もリレーで狙える位置にいると思うので、しっかり走りたい」 その大きな瞳に映る大きな夢を、新たな環境で一つずつ叶えていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top