HOME 学生長距離

2024.01.30

最後の箱根路/東洋大・松山和希 “フォア・ザ・チーム”に徹して4区を力走「自分の中では出し切れた」
最後の箱根路/東洋大・松山和希 “フォア・ザ・チーム”に徹して4区を力走「自分の中では出し切れた」

2024年箱根駅伝4区で区間2位と好走した東洋大の松山和希

2024年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

3年目以降はケガで苦しむ2年間に

「走るからには、エースとして、駅伝主将として、区間賞をとらないといけないという気持ちで臨みました」

広告の下にコンテンツが続きます

鉄紺のエースをもって自任してきた東洋大の松山和希(4年)は、1、2年時に好走した2区ではなく、今大会は4区での出走となった。

1年時に2区で学年別日本人歴代2位の1時間7分15秒(区間4位)で箱根デビューを飾ると、翌年にも同じ区間でタイムをさらに短縮する1時間7分02秒(区間5位)で走破した。

しかし、3年時にはケガや体調不良の影響で、箱根ばかりでなく三大駅伝すべてに出場できない苦汁を味わう。本来自分が走るべき箱根の2区は後輩の石田洸介(現3年)に任せるかたちになり、10区で同部屋だった清野太雅(現・中国電力)がシード権ギリギリの10位を走っていたのを見て「シード落ちの恐怖で震えが止まりませんでした」と当時を振り返る。

今季も夏前に左脛を疲労骨折するなど負の連鎖から抜け出せず。出雲駅伝は4区を区間8位タイで走ったが、全日本大学駅伝には出場できなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

最後となる箱根では「2区を走りたい気持ちもあった」という本音も胸の内に秘めながら、「自分が2区では(チームが)勝てない、という監督の判断もあり、勝つために4区を走ろうということになりました」と明かす。

状態としては「80%くらい」だったが、区間2位の走りで5位から1つ順位を上げ、「区間賞を取りたかったというのはありますが、自分の中では出し切って走れたので、気持ちはクリアになっています」とすがすがしく最後の箱根路を終えた。

松山が1、2年時に箱根路を駆け抜けたのは、コロナ禍で応援自粛も呼びかけられた時期。最終学年では大きな声援に迎えられ、「4年目に、この舞台で走ることはどんなに幸せかということを、改めて感じることができました」と万感の思いを味わった。

2024年、最後の箱根駅伝を終えた大学4年生ランナーたち。納得のいく走りができた選手や悔いを残した選手、なかにはアクシデントでスタートラインにすら立てなかったエース級もいる。お届けするのは、そんな最上級生たちの物語――。

3年目以降はケガで苦しむ2年間に

「走るからには、エースとして、駅伝主将として、区間賞をとらないといけないという気持ちで臨みました」 鉄紺のエースをもって自任してきた東洋大の松山和希(4年)は、1、2年時に好走した2区ではなく、今大会は4区での出走となった。 1年時に2区で学年別日本人歴代2位の1時間7分15秒(区間4位)で箱根デビューを飾ると、翌年にも同じ区間でタイムをさらに短縮する1時間7分02秒(区間5位)で走破した。 しかし、3年時にはケガや体調不良の影響で、箱根ばかりでなく三大駅伝すべてに出場できない苦汁を味わう。本来自分が走るべき箱根の2区は後輩の石田洸介(現3年)に任せるかたちになり、10区で同部屋だった清野太雅(現・中国電力)がシード権ギリギリの10位を走っていたのを見て「シード落ちの恐怖で震えが止まりませんでした」と当時を振り返る。 今季も夏前に左脛を疲労骨折するなど負の連鎖から抜け出せず。出雲駅伝は4区を区間8位タイで走ったが、全日本大学駅伝には出場できなかった。 最後となる箱根では「2区を走りたい気持ちもあった」という本音も胸の内に秘めながら、「自分が2区では(チームが)勝てない、という監督の判断もあり、勝つために4区を走ろうということになりました」と明かす。 状態としては「80%くらい」だったが、区間2位の走りで5位から1つ順位を上げ、「区間賞を取りたかったというのはありますが、自分の中では出し切って走れたので、気持ちはクリアになっています」とすがすがしく最後の箱根路を終えた。 松山が1、2年時に箱根路を駆け抜けたのは、コロナ禍で応援自粛も呼びかけられた時期。最終学年では大きな声援に迎えられ、「4年目に、この舞台で走ることはどんなに幸せかということを、改めて感じることができました」と万感の思いを味わった。

駅伝主将として鉄紺軍団を牽引する立場に

東洋大入学前から駅伝にはめっぽう強かった。栃木・大田原中3年時に全国都道府県対抗男子駅伝6区で区間新記録を樹立し、福島・学法石川高でも同駅伝で5区区間タイ記録で2度目の区間賞。全国高校駅伝ではエース区間の1区で区間2位と好走した。 あれからあっという間に月日が流れ、最上級生となった今年度は9月に駅伝主将へ就任。ケガから回復して合宿での走り込みができるようになったこの時期に、それまで主将として部を率いてきた佐藤真優(4年)とともにチームを導く立場となった。 「大人数の部活でもあるので、佐藤一人では難しい部分もあり、エースと言われる自分が、佐藤をサポートして一緒にやっていくのが大事だと思いました」 だが就任後、出雲では8位、全日本では自身が出場できない中で過去ワーストの14位とチームの成績は振るわなかった。 酒井俊幸監督は「(全日本の)11月は松山ら4年生を出場させていなかった時期で、苦戦は予想のうえでした。どうやって強くなっていくのかを知ることも必要なので、そういう時期だと捉えようと思っていました」と状況を受け止めていた。 松山も「苦しい流れではあったので、監督も、どう導こうかという苦悩があったと思います」と指揮官を慮ってきたという。 そんななかで「自分たちが、少しでも(監督の気持ちに)応えられたなら良かったと思います」と、箱根でエースの役割を全うした。 「私自身は前に立って引っ張ることは少ないタイプ」とはにかむ松山だが、「自分に足りない部分も見えてきたので、駅伝主将は良い経験でした」と振り返る。 将来的にはマラソンでの活躍を見据えており、「東洋大での経験を今後の競技人生に生かしたいです」と前向きに捉えている。 今年度のテーマ「鉄紺の再建」にふさわしい順位として掲げた「3位」という目標には届かなかったが、「4年生があまり良くなかった一方で、2、3年生がよくまとめてくれました。今回の結果は必ず来年につながっていくと思います」と、チームの今後を後輩に託した。 [caption id="attachment_127213" align="alignnone" width="800"] 2024年箱根駅伝4区で区間2位と好走した東洋大の松山和希[/caption] 松山和希(まつやま・かずき:東洋大)/2001年12月4日生まれ。栃木県大田原市出身。福島・学法石川高卒。自己ベストは5000m13分48秒80、10000m28分42秒17、ハーフ1時間0分43秒。 文/中村 外

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top