HOME 駅伝

2020.09.28

【駅伝】東北大が2年ぶりに全日本大学駅伝出場へ! 出場全25大学が出そろう
【駅伝】東北大が2年ぶりに全日本大学駅伝出場へ! 出場全25大学が出そろう

全日本大学駅伝の東北地区代表選考会は29日、岩手県の北上総合運動公園で行われ、東北大が2大会ぶり14回目の本戦出場を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

7大学が出場枠「1」を争った同選考会。競技場周辺を使った周回コースで16kmと10kmのレースを実施し、各大学から4選手ずつが走って8人の合計タイムで競った。16kmでエースの松浦崇之(院1年)が全体トップの快走を見せた東北大が他を圧倒し、5時間40分57秒12で1位。昨年の代表校である東北福祉大は5分近くの大差をつけられ2位。3位は東北学院大、4位は岩手大だった。

総合成績
東北大学   5時間40分57秒12=全日本出場
東北福祉大学 5時間45分44秒63
東北学院大学 5時間48分46秒06
岩手大学   5時間53分02秒61
仙台大学   5時間53分24秒14
山形大学   5時間57分52秒85
秋田県立大学 途中棄権

なお、本大会は11月1日(日)に開催予定。北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州の各地区代表25校が駅伝日本一を懸けて激しいバトルを繰り広げる。

■シード校(前回上位8校)
東海大学     7大会連続33回目
青山学院大学   8大会連続10回目
駒澤大学    25大会連続27回目
東京国際大学   2大会連続 2回目
東洋大学    13大会連続28回目
早稲田大学   14大会連続26回目
國學院大學    6大会連続 8回目
帝京大学     6大会連続13回目

広告の下にコンテンツが続きます

■各地区代表校
<北海道>
札幌学院大学   3大会連続27回目
<東北>
東北大学    2大会ぶり14回目
<関東>
日本大学     2大会ぶり41回目
中央学院大学   8大会連続14回目
明治大学    13大会連続14回目
順天堂大学    4大会連続25回目
山梨学院大学   3大会ぶり31回目
日本体育大学   3大会連続42回目
城西大学     4大会連続9回目
<北信越>
信州大学    5大会ぶり14回目
<東海>
皇學館大学   4大会連続4回目
<関西>
立命館大学   20大会連続32回目
関西学院大学   2大会連続10回目
京都産業大学   8大会連続48回目
びわこ学院大学   初出場
<中国四国>
広島経済大学  2大会ぶり23回目
<九州>
日本文理大学  4大会ぶり10回目

■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会
11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km
大会HP

全日本大学駅伝の東北地区代表選考会は29日、岩手県の北上総合運動公園で行われ、東北大が2大会ぶり14回目の本戦出場を決めた。 7大学が出場枠「1」を争った同選考会。競技場周辺を使った周回コースで16kmと10kmのレースを実施し、各大学から4選手ずつが走って8人の合計タイムで競った。16kmでエースの松浦崇之(院1年)が全体トップの快走を見せた東北大が他を圧倒し、5時間40分57秒12で1位。昨年の代表校である東北福祉大は5分近くの大差をつけられ2位。3位は東北学院大、4位は岩手大だった。 総合成績 東北大学   5時間40分57秒12=全日本出場 東北福祉大学 5時間45分44秒63 東北学院大学 5時間48分46秒06 岩手大学   5時間53分02秒61 仙台大学   5時間53分24秒14 山形大学   5時間57分52秒85 秋田県立大学 途中棄権 なお、本大会は11月1日(日)に開催予定。北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州の各地区代表25校が駅伝日本一を懸けて激しいバトルを繰り広げる。 ■シード校(前回上位8校) 東海大学     7大会連続33回目 青山学院大学   8大会連続10回目 駒澤大学    25大会連続27回目 東京国際大学   2大会連続 2回目 東洋大学    13大会連続28回目 早稲田大学   14大会連続26回目 國學院大學    6大会連続 8回目 帝京大学     6大会連続13回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学   3大会連続27回目 <東北> 東北大学    2大会ぶり14回目 <関東> 日本大学     2大会ぶり41回目 中央学院大学   8大会連続14回目 明治大学    13大会連続14回目 順天堂大学    4大会連続25回目 山梨学院大学   3大会ぶり31回目 日本体育大学   3大会連続42回目 城西大学     4大会連続9回目 <北信越> 信州大学    5大会ぶり14回目 <東海> 皇學館大学   4大会連続4回目 <関西> 立命館大学   20大会連続32回目 関西学院大学   2大会連続10回目 京都産業大学   8大会連続48回目 びわこ学院大学   初出場 <中国四国> 広島経済大学  2大会ぶり23回目 <九州> 日本文理大学  4大会ぶり10回目 ■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km 大会HP

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

【男子ハンマー投】アツオビン・アンドリュウ(花園高3)67m37=高校歴代7位

南丹春季強化記録会(4月29日/京都・丹波自然公園陸上競技場)高校男子ハンマー投で、アツオビン・アンドリュウ(花園3京都)が高校歴代7位の67m37を放った。 今季は2月から自己記録を更新しているアツオビン。これまでの自 […]

NEWS 橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇 […]

NEWS 田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

NEWS 100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

2024.05.18

100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top