HOME 駅伝

2024.01.22

長野 無敵の3連覇!「『優勝を目指す』という共通認識があるから力を発揮できる」/都道府県男子駅伝
長野 無敵の3連覇!「『優勝を目指す』という共通認識があるから力を発揮できる」/都道府県男子駅伝

2024年都道府県男子駅伝で優勝した長野チーム

◇第29回全国都道府県男子駅伝(1月21日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km)

天皇杯第29回全国都道府県対抗男子駅伝が1月21日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48kmで行われ、長野県が2時間17分00秒の大会新記録でフィニッシュテープを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

第9回大会の初優勝から20年で、通算10回目の栄冠。優勝を逃した年も7回は入賞に食い込んでおり、47都道府県の中でも圧倒的な力を見せ続けている。

毎年メンバーが変わるこの大会で、なぜ長野県チームは結果を残せているのか。アンカーを担った鈴木芽吹(駒大)の言葉から、その一端が垣間見えた。

「優勝は狙っていましたが、“連覇”には目を向けたくなかったです。チームもメンバーも毎年変わりますから、このチーム、仲間と優勝したいという気持ちでした」と一期一会のチームの中で、全力を出すことに注力していたと話す。その中で、経験の少ない中学生には、そのプレッシャーを感じてほしくないという思いから「別に失敗しても、高校生や僕たちが取り返すから、思い切って、楽しんで走っておいで」と声をかけた。

だからこそ、優勝が確実視できる48秒差でタスキを受けても、気を緩めず1kmを2分40秒で突っ込んだ。「絶好調だった箱根駅伝の7割程度の調子でした。中間地点までは良かったのですが、風もあって後半はきつくなって、なんとか前半の貯金で区間新が出せた感じです」と、内容には課題が残ったが、記録は大島健太(高知)が第9回大会に記録した区間記録を20大会ぶりに17秒も更新するもの。目の当たりにした中高生らは、「自分たちもこうなりたい」と一層志高くなったに違いない。

広告の下にコンテンツが続きます

そして、12月の全国高校駅伝を大会新記録で制した佐久長聖高のメンバーが、“日本一”の称号に見合う力強い走りを見せたのも見事だった。

1区の濵口大和(佐久長聖高)は確実にトップ争いに加わり、区間4位の好発信。佐久長聖高の主将・永原颯磨は、4区で区間記録にあと1秒に迫る14分03秒の快走で先頭に立ち、4区の区間記録を保持する山口竣平(佐久長聖高)は、今年は高校生最長区間の5区を担い、24分47秒の区間賞に輝いた。

高見澤勝監督は「ただ走ればいいとか、代表になれればいいという思いでは結果は出ないと思いますが、長野県チームのメンバーには『優勝を目指す』という共通認識がある。だからこそ、力が発揮できるんじゃないかと思います。これは私が監督になった10年前よりもっと前からあった雰囲気です。関わってこられた監督や指導者の方々のご尽力やきっかけが伝統となって、今の長野県チームを作っていると思います」と、長年かけて紡いできた伝統の力に、10回目の優勝を感謝した。

文/田端慶子

広告の下にコンテンツが続きます
◇第29回全国都道府県男子駅伝(1月21日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km) 天皇杯第29回全国都道府県対抗男子駅伝が1月21日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48kmで行われ、長野県が2時間17分00秒の大会新記録でフィニッシュテープを切った。 第9回大会の初優勝から20年で、通算10回目の栄冠。優勝を逃した年も7回は入賞に食い込んでおり、47都道府県の中でも圧倒的な力を見せ続けている。 毎年メンバーが変わるこの大会で、なぜ長野県チームは結果を残せているのか。アンカーを担った鈴木芽吹(駒大)の言葉から、その一端が垣間見えた。 「優勝は狙っていましたが、“連覇”には目を向けたくなかったです。チームもメンバーも毎年変わりますから、このチーム、仲間と優勝したいという気持ちでした」と一期一会のチームの中で、全力を出すことに注力していたと話す。その中で、経験の少ない中学生には、そのプレッシャーを感じてほしくないという思いから「別に失敗しても、高校生や僕たちが取り返すから、思い切って、楽しんで走っておいで」と声をかけた。 だからこそ、優勝が確実視できる48秒差でタスキを受けても、気を緩めず1kmを2分40秒で突っ込んだ。「絶好調だった箱根駅伝の7割程度の調子でした。中間地点までは良かったのですが、風もあって後半はきつくなって、なんとか前半の貯金で区間新が出せた感じです」と、内容には課題が残ったが、記録は大島健太(高知)が第9回大会に記録した区間記録を20大会ぶりに17秒も更新するもの。目の当たりにした中高生らは、「自分たちもこうなりたい」と一層志高くなったに違いない。 そして、12月の全国高校駅伝を大会新記録で制した佐久長聖高のメンバーが、“日本一”の称号に見合う力強い走りを見せたのも見事だった。 1区の濵口大和(佐久長聖高)は確実にトップ争いに加わり、区間4位の好発信。佐久長聖高の主将・永原颯磨は、4区で区間記録にあと1秒に迫る14分03秒の快走で先頭に立ち、4区の区間記録を保持する山口竣平(佐久長聖高)は、今年は高校生最長区間の5区を担い、24分47秒の区間賞に輝いた。 高見澤勝監督は「ただ走ればいいとか、代表になれればいいという思いでは結果は出ないと思いますが、長野県チームのメンバーには『優勝を目指す』という共通認識がある。だからこそ、力が発揮できるんじゃないかと思います。これは私が監督になった10年前よりもっと前からあった雰囲気です。関わってこられた監督や指導者の方々のご尽力やきっかけが伝統となって、今の長野県チームを作っていると思います」と、長年かけて紡いできた伝統の力に、10回目の優勝を感謝した。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top