HOME 箱根駅伝

2024.01.02

1区を制した駒大・篠原倖太朗「後ろとの差を離せたのは良かった」藤田監督からの声かけをプラスに/箱根駅伝
1区を制した駒大・篠原倖太朗「後ろとの差を離せたのは良かった」藤田監督からの声かけをプラスに/箱根駅伝

24年箱根駅伝1区でトップ中継した駒大の篠原倖太朗(左)と2区の鈴木芽吹

◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第100回箱根駅伝の1区は駒大の篠原倖太朗(3年)が区間歴代2位となる1時間1分02秒で走破し、区間賞を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

18km手前で並走していた駿河台大のスティーブン・レマイヤン(1年)を突き放して独走態勢へ。ハイペースで進む中でも強さが光るレース展開だった。

「自分のペースで行こうと思っていたので、ハマってくれて良かった」としつつ、区間記録に22秒届かない区間歴代2位だったことについて、「2番じゃ意味ないですね」と笑みを浮かべた。

出雲駅伝に続く1区区間賞。ライバル校の青学大には36秒、國學院大には1分33秒、中大には1分50秒につけた。チームは史上初の2年連続学生駅伝3冠が懸かっており、最高のスタートを切ったと言える。

運営管理車に乗る藤田敦史監督からの声かけについては「藤田さんらしい冷静な声かけだったので、冷静に走ることができました」と話す。「後ろとの差を離せたのは良かったです」と、指揮官からの声をプラスに変え、自らに課された仕事をまっとうした。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第100回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 第100回箱根駅伝の1区は駒大の篠原倖太朗(3年)が区間歴代2位となる1時間1分02秒で走破し、区間賞を獲得した。 18km手前で並走していた駿河台大のスティーブン・レマイヤン(1年)を突き放して独走態勢へ。ハイペースで進む中でも強さが光るレース展開だった。 「自分のペースで行こうと思っていたので、ハマってくれて良かった」としつつ、区間記録に22秒届かない区間歴代2位だったことについて、「2番じゃ意味ないですね」と笑みを浮かべた。 出雲駅伝に続く1区区間賞。ライバル校の青学大には36秒、國學院大には1分33秒、中大には1分50秒につけた。チームは史上初の2年連続学生駅伝3冠が懸かっており、最高のスタートを切ったと言える。 運営管理車に乗る藤田敦史監督からの声かけについては「藤田さんらしい冷静な声かけだったので、冷静に走ることができました」と話す。「後ろとの差を離せたのは良かったです」と、指揮官からの声をプラスに変え、自らに課された仕事をまっとうした。

箱根駅伝1区歴代10傑

1.00.40 吉居大和(中大2)  22年 1.01.02 篠原倖太郎(駒大3) 24年 1.01.06 佐藤悠基(東海大2) 07年 1.01.13 渡辺康幸(早大2)  94年 1.01.13 米満怜(創価大4)  20年 1.01.18 藤木宏太(國學院大2)20年 1.01.19 唐澤拓海(駒大2)  22年 1.01.21 池田耀平(日体大3) 20年 1.01.22 久保田和真(青学大4)16年 1.01.23 鬼塚翔太(東海大4) 20年

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top