HOME 箱根駅伝

2023.12.29

【箱根駅伝区間エントリー】大東大は久保田徹が2区!2年続けて山は菊地駿介&佐竹勇樹で勝負!西川、ワンジルは補欠
【箱根駅伝区間エントリー】大東大は久保田徹が2区!2年続けて山は菊地駿介&佐竹勇樹で勝負!西川、ワンジルは補欠

9年ぶりシード獲得を目指す大東大。全日本で力走した大谷章紘(左)と菊池駿介がチームをもり立てる

第100回箱根駅伝(2024年1月2日、3日)の区間エントリーが12月29日に発表された。

予選会で2年連続トップ通過を果たした大東大は、12月に10000mで28分09秒93の大東大新記録をマークした久保田徹(4年)を2区に登録。同じく28分13秒80と好タイムを持つ入濵輝大(2年)を3区に配置し、往路を乗り切る構えだ。

5000mとハーフマラソンでチーム最速タイムを持つピーター・ワンジル(3年)、予選会でチームトップだった西川千青(3年)は補欠登録。前回5区区間12位の菊地駿介(4年)、6区区間6位の佐竹勇樹(4年)は再び山に挑む。

全日本大学駅伝では7位に食い込み、18年ぶりにシード権を獲得した。その勢いで箱根でも9年ぶりとなるシード権をつかみ、9月に迎えた大学創立100周年に花を添えられるか。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

第100回箱根駅伝(2024年1月2日、3日)の区間エントリーが12月29日に発表された。 予選会で2年連続トップ通過を果たした大東大は、12月に10000mで28分09秒93の大東大新記録をマークした久保田徹(4年)を2区に登録。同じく28分13秒80と好タイムを持つ入濵輝大(2年)を3区に配置し、往路を乗り切る構えだ。 5000mとハーフマラソンでチーム最速タイムを持つピーター・ワンジル(3年)、予選会でチームトップだった西川千青(3年)は補欠登録。前回5区区間12位の菊地駿介(4年)、6区区間6位の佐竹勇樹(4年)は再び山に挑む。 全日本大学駅伝では7位に食い込み、18年ぶりにシード権を獲得した。その勢いで箱根でも9年ぶりとなるシード権をつかみ、9月に迎えた大学創立100周年に花を添えられるか。 1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

大東大の区間エントリーをチェック!

■大東大の区間エントリー(カッコ内は学年、出身校) ◎前回16位、予選会1位、全日本7位 1区 宮倉騎士(1年/遊学館高・石川) 2区 久保田徹(4年/聖望学園高・埼玉) 3区 入濵輝大(2年/瓊浦高・長崎) 4区 赤星龍舞(2年/埼玉栄高・埼玉) 5区 菊地駿介(4年/仙台育英高・宮城) 6区 佐竹勇樹(4年/比叡山高・滋賀) 7区 藤原幹大(1年/東海大札幌高・北海道) 8区 松本雄大(2年/草津東高・滋賀) 9区 大谷章紘(3年/水城高・茨城) 10区 佐々木真人(3年/大東大一高・東京) [adinserter block="4"] ◎補欠 小田恭平(3年/水戸葵陵高・茨城) 西川千青(3年/九国大付高・福岡) 西代雄豪(3年/桶川高・埼玉) ピーター・ワンジル(3年/仙台育英高・宮城) 照井海翔(2年/一関学院高・岩手) 棟方一楽(1年/弘前実高・青森)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top