HOME 箱根駅伝

2023.12.29

【箱根駅伝区間エントリー】立教大は林虎大朗、國安広人、馬場賢人を1区~3区に配置 Wエース関口&中山は補欠登録
【箱根駅伝区間エントリー】立教大は林虎大朗、國安広人、馬場賢人を1区~3区に配置 Wエース関口&中山は補欠登録

前回55年ぶり出場から、2年連続出場の立教大。前回3区を走り、今回の予選会でも好走した関口絢太は本戦でも主要区間を担う見込み

第100回箱根駅伝(2024年1月2日、3日)の区間エントリーが12月29日に発表された。

前回、55年ぶりに本戦出場を果たした立教大。そのレースで1区、2区を担った林虎大朗(3年)と國安広人(2年)が再び同区間に入り、4区だった馬場賢人(2年)が3区へとスライドした。

山区間は5区に岸本健太郎(4年)、6区に原田颯大(1年)が入り、前回7区の服部凱杏(4年)は再び7区、同10区だった安藤圭佑(3年)は9区に入った。

経験豊富なダブルエースの関口絢太と中山凜斗(ともに4年)は補欠に登録され、本調子なら当日変更でメンバー入りしそうだ。

予選会直前の監督の解任、エースの離脱など、厳しい状況が続くが、100回大会にしっかり江戸紫のタスキをつないだ。チーム一丸で前回の18位より1つでも上の順位を目指す。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

第100回箱根駅伝(2024年1月2日、3日)の区間エントリーが12月29日に発表された。 前回、55年ぶりに本戦出場を果たした立教大。そのレースで1区、2区を担った林虎大朗(3年)と國安広人(2年)が再び同区間に入り、4区だった馬場賢人(2年)が3区へとスライドした。 山区間は5区に岸本健太郎(4年)、6区に原田颯大(1年)が入り、前回7区の服部凱杏(4年)は再び7区、同10区だった安藤圭佑(3年)は9区に入った。 経験豊富なダブルエースの関口絢太と中山凜斗(ともに4年)は補欠に登録され、本調子なら当日変更でメンバー入りしそうだ。 予選会直前の監督の解任、エースの離脱など、厳しい状況が続くが、100回大会にしっかり江戸紫のタスキをつないだ。チーム一丸で前回の18位より1つでも上の順位を目指す。 1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

立教大の区間エントリーをチェック!

■立教大の区間エントリー(カッコ内は学年、出身校) ◎前回18位、予選会6位 1区 林虎大朗(3年/大牟田高・福岡) 2区 國安広人(2年/須磨学園高・兵庫) 3区 馬場賢人(2年/大牟田高・福岡) 4区 後藤謙昌(3年/仙台育英高・宮城) 5区 岸本健太郎(4年/須磨学園高・兵庫) 6区 原田颯大(1年/洛南高・京都) 7区 服部凱杏(4年/佐久長聖高・長野) 8区 山口史朗(3年/四日市工高・三重) 9区 安藤圭佑(3年/豊川高・愛知) 10区 中西洸貴(3年/國學院久我山高・東京) ◎補欠 関口絢太(4年/國學院久我山高・東京) 忠内侑士(4年/専大松戸高・千葉) 中山凜斗(4年/九州学院高・熊本) 稲塚大祐(3年/高岡向陵高・富山) 山本羅生(3年/松浦高・長崎) 吉屋佑晟(2年/広島国際学院高・広島)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top