HOME 学生長距離

2023.12.27

箱根駅伝Stories/東農大の黄金ルーキー・前田和摩「2区の日本人1年生最高記録を超えたい」
箱根駅伝Stories/東農大の黄金ルーキー・前田和摩「2区の日本人1年生最高記録を超えたい」

初の箱根路で快走を誓う東農大の前田和摩

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

高校時代はライバル・長嶋幸宝と切磋琢磨

「世界に通用するランナーを育成したい」という思いで創設された箱根駅伝が第100回大会を迎える。そんな記念すべき節目にスケールの大きなランナーが登場。東農大の前田和摩(1年)だ。

昨年のインターハイ5000mで日本人トップ(4位)に輝くと、大学で快進撃を続けている。今季出場したレースは4つ。そのすべてでインパクトを残しているのだ。

しかも、前田のキャリアはまだ浅い。小さい頃から箱根駅伝をテレビ観戦していたが、中学時代はサッカー部だった。冬季の駅伝に参加したことで、3年時には「箱根駅伝を走りたい」という気持ちが芽生える。中学駅伝での走りを評価されて兵庫・報徳学園高に進学して、本格的に競技を開始した。

無名だった前田は高2の秋に大ブレイクすることになる。駅伝は兵庫県大会1区(10km)を28分59秒で独走。中学時代から全国大会の上位常連だった同学年の西脇工高・長嶋幸宝(現・旭化成)に14秒差をつけて区間賞を獲得した。近畿大会1区も28分58秒で区間賞を奪っている。

長嶋は2019年の全中3000mで3位、高2のインターハイは1500mで4位に入っている選手。「高校入学時はまさか届くとは思っていなかったのですが、徐々に戦えるようになってきて、強く意識するようになったんです」と振り返る。

3年時は4月の兵庫リレーカーニバル高校5000mで長嶋に競り負けるが、13分56秒65の自己ベスト。インターハイ路線の5000mは兵庫県大会と近畿大会で長嶋に惜敗するも、全国の舞台でリベンジを果たす。ケニア人留学生に食らいつき、13分58秒01で4位。長嶋を抑えて、日本人トップに輝いた。

「高校時代もトラックレースはそんなに出ていませんが、その一つひとつが自信になりました。なかでもインターハイの日本人トップはすごくうれしかったですし、高校生活で一番印象に残っています」

しかし、兵庫県高校駅伝1区は自滅する。「長嶋を引き離さないといけない」という思いが空回りし、28分31秒の区間新で駆け抜けた長嶋から1分11秒遅れの区間2位。チームは3位に終わった。

「チームで勝つことを考えれば、1秒でもいいので前で確実にタスキをつなげるべきだった」と今でも後悔している。

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

高校時代はライバル・長嶋幸宝と切磋琢磨

「世界に通用するランナーを育成したい」という思いで創設された箱根駅伝が第100回大会を迎える。そんな記念すべき節目にスケールの大きなランナーが登場。東農大の前田和摩(1年)だ。 昨年のインターハイ5000mで日本人トップ(4位)に輝くと、大学で快進撃を続けている。今季出場したレースは4つ。そのすべてでインパクトを残しているのだ。 しかも、前田のキャリアはまだ浅い。小さい頃から箱根駅伝をテレビ観戦していたが、中学時代はサッカー部だった。冬季の駅伝に参加したことで、3年時には「箱根駅伝を走りたい」という気持ちが芽生える。中学駅伝での走りを評価されて兵庫・報徳学園高に進学して、本格的に競技を開始した。 無名だった前田は高2の秋に大ブレイクすることになる。駅伝は兵庫県大会1区(10km)を28分59秒で独走。中学時代から全国大会の上位常連だった同学年の西脇工高・長嶋幸宝(現・旭化成)に14秒差をつけて区間賞を獲得した。近畿大会1区も28分58秒で区間賞を奪っている。 長嶋は2019年の全中3000mで3位、高2のインターハイは1500mで4位に入っている選手。「高校入学時はまさか届くとは思っていなかったのですが、徐々に戦えるようになってきて、強く意識するようになったんです」と振り返る。 3年時は4月の兵庫リレーカーニバル高校5000mで長嶋に競り負けるが、13分56秒65の自己ベスト。インターハイ路線の5000mは兵庫県大会と近畿大会で長嶋に惜敗するも、全国の舞台でリベンジを果たす。ケニア人留学生に食らいつき、13分58秒01で4位。長嶋を抑えて、日本人トップに輝いた。 「高校時代もトラックレースはそんなに出ていませんが、その一つひとつが自信になりました。なかでもインターハイの日本人トップはすごくうれしかったですし、高校生活で一番印象に残っています」 しかし、兵庫県高校駅伝1区は自滅する。「長嶋を引き離さないといけない」という思いが空回りし、28分31秒の区間新で駆け抜けた長嶋から1分11秒遅れの区間2位。チームは3位に終わった。 「チームで勝つことを考えれば、1秒でもいいので前で確実にタスキをつなげるべきだった」と今でも後悔している。

東農大で才能がさらに開花

5000mのベストが15分30秒ほどだった1年時に村上和春コーチから勧誘を受けたこともあり、古豪・東農大への進学を決めた。 「小指徹監督と村上さんが高校の先生と僕の今後について相談してくださって、自分に合った練習スタイルを考えてくれることになったんです。農大なら強くなれると思いました」 特に1年目は「自分の身体を大事にしたい」と思っており、「出場レースを絞って、余裕を持った練習をじっくり継続していくのが自分には合っている」という前田考えを、チームは尊重した。 その予感は的中する。大学では10000mで28分10秒台のタイムを持つ高槻芳照と並木寧音(ともに4年)のダブルエースと練習。「良いイメージで終わる」ことを意識したトレーニングを続けると、出場したレースで確実に結果を残していく。 大学デビュー戦となった5月の関東インカレ(2部)は5000mに出場。ラスト1周の争いで遅れたが、13分57秒25で4位(日本人2位)に入った。次の目標に「(6月の)全日本大学駅伝選考会の日本人トップ」を掲げると、目標以上の快走を見せる。 最終4組でケニア人留学生と真っ向勝負を演じて3着。蒸し暑いコンディション下でU20日本歴代2位(当時)の28分03秒51をマークして、チームを14年ぶりの伊勢路に導いたのだ。 そして「日本人トップ」を目標に掲げた10月の箱根駅伝予選会は15㎞過ぎからペースアップし、ハーフマラソンでU20日本記録に1秒差と迫る1時間1分42秒をマークして、日本人トップの個人9位でフィニッシュ。伝統校に10年ぶり70回目の本戦出場をもたらした。 3週間後の全日本大学駅伝でも強さを発揮した。2区に出走した前田は10位でタスキを受け取ると、3秒後ろの順大・三浦龍司(4年)ではなく、20秒前の駒大・佐藤圭汰(2年)を意識。区間新記録(区間3位)の快走で6人を抜き去った。 「初めての学生駅伝は楽しかったですね。突っ込んで入り、後半は耐えるというイメージ通りの走りができました。目に見える結果として区間新はすごくうれしいですけど、区間賞を獲得できず、悔しい気持ちもあります」 [caption id="attachment_124781" align="alignnone" width="800"] 23年全日本大学駅伝では2区で従来の区間記録を上回る区間3位の好走で6人を抜いた前田和摩[/caption] 箱根駅伝は花の2区を希望しているが、1年生ながらどんな走りを見せるのか。 「10000mとハーフマラソンはU20日本記録に届かなかったので、2区の日本人1年生最高記録(1時間7分03秒/岸本大紀、青学大)を超えたいですね。できれば6分台を目指していきたい」 11月25日に駒大の佐藤が10000mで27分28秒50のU20日本記録を樹立。高校時代のライバルである長嶋も12月2日の10000mでU20日本歴代2位となる27分44秒86をマークしたのは刺激になっているだろう。 レースに出場するたびに強さを増すスーパールーキー。今季5レース目となる箱根駅伝で“最高の走り”を見せつける。 まえだ・かずま/2005年1月16日生まれ。兵庫県西宮市出身。兵庫・深津中→報徳学園高。5000m13分56秒65、10000m28分03秒51、ハーフ1時間1分42秒 文/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top