HOME 学生長距離

2023.12.19

【Playback箱根駅伝】第50回/日大が記念大会制す 東農大・服部誠が2区で史上最多12人抜き!
【Playback箱根駅伝】第50回/日大が記念大会制す 東農大・服部誠が2区で史上最多12人抜き!

第50回箱根駅伝/記念大会として過去最多の20校が参加した

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第50回(1974年/昭和49年)
史上初の20チーム出場 山上りの大東大・大久保初男がデビュー

第50回記念大会は、過去の優勝校を招待して史上最多の20校で行われた。慶大(第13回大会優勝)は3年ぶりの出場、神奈川大は4年ぶりの出場となった。

広告の下にコンテンツが続きます

参加2年目の東海大は、1区の宮田将美が同校初の区間賞と好スタートを切る。9秒後に順大と東教大が続いた。

1区で13位と出遅れた東農大だが、2区の服部誠が快進撃。鶴見ではトップと1分53秒差でタスキを受けたが、次から次へと前のチームを追い抜いていく。16.5km付近で2位争いをしていた中大、東海大、日体大、順大を悠々と抜き去り、18.2kmで先頭の日大も逆転する。12人抜きは当時のごぼう抜き最高記録だった。

トップに躍り出た東農大は3区の山本吉光も区間賞。4区、5区も首位をキープし、第2回大会から数えて38回目の出場となったチームに初の往路初優勝をもたらした。

1区トップで通過した新興勢力の東海大も往路6位と健闘。じわじわと順位を押し上げた日大が往路2位、順大が3位で芦ノ湖畔に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

6区は往路5位・大東大の金田五郎が区間賞を獲得。5区でも1年生の大久保初男が区間賞デビューを飾った大東大が5、6区の箱根の山を制した。

日大は6区で区間10位と遅れたが、7区で野中三徳が猛追。9人抜きで首位を走る大東大も交わしてトップに立った。日大は通算タイムでも東農大を10秒上回り、6年ぶりの総合優勝を視界にとらえた。

8区では大東大の下村剛が再びトップに躍り出る。しかし日大は9区で大崎修造が区間賞の力走。往路の貯金もあった日大が11時間46分2秒で大東大を振り切り、6年ぶりの総合優勝に輝いた。なお、この優勝が99回大会までにおける、日大最後の優勝となっている。

大東大は5時間47分56秒で2年連続復路を制覇したものの、総合では2分04秒届かず2位だった。往路、復路とも3位の順大が総合3位、往路初制覇の東農大が4位となった。
一方で6連覇に挑んだ日体大は往路4位、復路7位とふるわず総合5位にとどまった。

広告の下にコンテンツが続きます

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第50回(1974年/昭和49年) 史上初の20チーム出場 山上りの大東大・大久保初男がデビュー

第50回記念大会は、過去の優勝校を招待して史上最多の20校で行われた。慶大(第13回大会優勝)は3年ぶりの出場、神奈川大は4年ぶりの出場となった。 参加2年目の東海大は、1区の宮田将美が同校初の区間賞と好スタートを切る。9秒後に順大と東教大が続いた。 1区で13位と出遅れた東農大だが、2区の服部誠が快進撃。鶴見ではトップと1分53秒差でタスキを受けたが、次から次へと前のチームを追い抜いていく。16.5km付近で2位争いをしていた中大、東海大、日体大、順大を悠々と抜き去り、18.2kmで先頭の日大も逆転する。12人抜きは当時のごぼう抜き最高記録だった。 トップに躍り出た東農大は3区の山本吉光も区間賞。4区、5区も首位をキープし、第2回大会から数えて38回目の出場となったチームに初の往路初優勝をもたらした。 1区トップで通過した新興勢力の東海大も往路6位と健闘。じわじわと順位を押し上げた日大が往路2位、順大が3位で芦ノ湖畔に入った。 6区は往路5位・大東大の金田五郎が区間賞を獲得。5区でも1年生の大久保初男が区間賞デビューを飾った大東大が5、6区の箱根の山を制した。 日大は6区で区間10位と遅れたが、7区で野中三徳が猛追。9人抜きで首位を走る大東大も交わしてトップに立った。日大は通算タイムでも東農大を10秒上回り、6年ぶりの総合優勝を視界にとらえた。 8区では大東大の下村剛が再びトップに躍り出る。しかし日大は9区で大崎修造が区間賞の力走。往路の貯金もあった日大が11時間46分2秒で大東大を振り切り、6年ぶりの総合優勝に輝いた。なお、この優勝が99回大会までにおける、日大最後の優勝となっている。 大東大は5時間47分56秒で2年連続復路を制覇したものの、総合では2分04秒届かず2位だった。往路、復路とも3位の順大が総合3位、往路初制覇の東農大が4位となった。 一方で6連覇に挑んだ日体大は往路4位、復路7位とふるわず総合5位にとどまった。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第50回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 日大  11時間46分02秒 2位 大東大 11時間48分06秒 3位 順大  11時間56分38秒 4位 東農大 11時間57分09秒 5位 日体大 12時間00分41秒 6位 国士大 12時間00分57秒 7位 中大  12時間04分12秒 8位 東洋大 12時間05分44秒 9位 東海大 12時間16分30秒 10位 亜細亜大12時間25分25秒 11位 専大  12時間26分18秒 12位 駒大  12時間32分28秒 13位 東教大 12時間44分27秒 14位 青学大 12時間49分13秒 15位 法大  12時間50分00秒 16位 早大  12時間52分57秒 17位 明大  12時間54分13秒 18位 拓大  13時間02分33秒 19位 慶大  13時間05分44秒 20位 神奈川大13時間44分59秒 ●区間賞 1区 宮田将美(東海大) 1時間06分40秒 2区 服部誠(東農大)  1時間13分41秒 3区 山本吉光(東農大) 1時間07分23秒 4区 松田進(東洋大)  1時間07分22秒 5区 大久保初男(大東大)1時間13分41秒 6区 金田五郎(大東大) 1時間00分12秒 7区 野中三徳(日大)  1時間04分39秒 8区 下村剛(大東大)  1時間08分53秒 9区 大崎修造(日大)  1時間19分25秒 10区 菊池一成(大東大) 1時間10分20秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top