月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】5000mで新谷と廣中が14分台!日本歴代2、3位/全日本実業団


全日本実業団対抗(熊谷)最終日、女子5000mで新谷仁美(積水化学)が日本歴代2位の14分55秒83(2位、日本人1着)、廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ、3位、同2着)が日本歴代3位の14分59秒37をマークした。

日本記録は福士加代子が05年にマークした14分53秒22で、新谷、廣中は日本史上2、3人目の15分切り。 レースはムワンギ・レベッカ(ダイソー)が14分55秒32で制した。

新谷仁美
「廣中さんがいなければ14分台は出なかったし、彼女の積極性に助けられました。彼女の存在や、一山(麻緒)さんや鍋島(莉奈)さんがいたからこそ、15分の壁を破れました。日本記録は意識していますが、あくまで10000mのための5000m。今日はどれだけ72秒で押していけるかをテーマに走りました。1500mなどをやってきたことがつながっていると思います。

田中希実さんはじめ、5000mや3000mなど、国内外でタイムを伸ばしていて焦りもありましたが、私は10000mで結果を出すということをぶれずにやってきました。(夏から)標高の高いところでクロカンコースを走るなど脚を作ってこられた。横田(真人)コーチは自信があったようですが、私はどれだけ最高の練習をしても自信につなげるのが難しいので、ハーフマラソン日本新を出す前ほどの自信はありませんでした。

私が目指しているのは世界でのメダル。ラスト67秒で上がれても、世界では通用しない。もっと別次元で切り替えられるようにしたいです。メダルを目指せる環境で取り組めていると思う。不可能と言われても、それを可能にするために準備しています」

廣中璃梨佳
「2日前の3000mでつかんだ自信を5000mにつなげられました。記録や順位はあまり意識せず、私らしく伸び伸び楽しむんだと思ってスタートしました。途中、新谷さんに出られた時はここからついていくんだという気持ちで、ラストまで食らいつこうと思って走りました。今後は14分台のペースを一人でも刻んでいけるようにしたい。課題も見つかったので、進化できる秋シーズンにしていきたいと思います」

■女子5000m上位結果(3位まで)
ムワンギ・レベッカ(ダイソー)14.55.32
新谷仁美(積水化学)14.55.83
廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)14.59.37
※ラップタイム
1000m 3.02廣中
2000m 6.00廣中
3000m 9.01新谷
4000m 12.00新谷

■女子5000m日本歴代5傑
14.53.22 福士加代子(ワコール) 2005.7.8
14.55.83 新谷 仁美(積水化学)2020.9.20
14.59.37 廣中璃梨佳(JP日本郵政G) 2020.9.20
15.00.01 田中 希実(豊田自動織機TC) 2019.10.5
15.03.67 弘山 晴美(資生堂) 1998.8.5



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com